就労

仕事を頑張れば自分自身のプラスになる

 

『仕事を頑張れば自分自身のプラスになる』

 

仕事を頑張ったから転職に有利となった

 

私は前回、転職について述べて来ました。

それは頑張って仕事をしていれば、その実績やスキルを「職務経歴書」に反映させることができて、転職に非常に役立ったと言うことです。

私の頑張りは、私のことを知らない転職先の人事部長にも、「職務経歴書」で伝わったと思っています。

 

 

本当の能力を評価してもらう

 

ここで言いたいのは、

世の中には「仕事を頑張らない方が良い」と言う考の人もいるでしょう。

しかし、100%の力で仕事をしないと、自分自身の持っている能力が低く評価されてしまいます。

せっかく仕事をするなら、自分が持つ本当の能力を評価されなければ、

「もったいない!」と思いませんか...

 

想像以上だった上司の評価

 

私が3回目に転職した会社で、3年目の頃だったと記憶していますが、冬のボーナスが出たときに、上司である課長から意外な謝罪の言葉がありました。

「すまない、またA査定になってしまった」と言うのです。

私は何のことか分かりませんでした。

良く話を聞くと、課長は私のボーナス査定を、毎回S査定で本社に報告していたとのことでした。

当然、営業所長も同じ評価だったとのことです。

(査定にはS、A、B、Cの4段階があり、Sはボーナスが10%程度アップし、Aは数%アップ、Bはプラスマイナス0%、Cはマイナス数%)

しかし、S査定を受けられるのは1人だけでした。

課長の話では、おそらく本社の部長は心情的に、良く知る本社の社員にS査定を付けているのだろう・・・

あまり知らない営業所の社員には付けにくいのだろうと言うことでした。

私はA査定で納得していました、他の人より多くボーナスをもらえるのに文句はありません。

それよりも課長や所長が高い評価をしてくれているのに驚きました。

日頃の頑張りが高い評価につながったのでしょう。

 

実績が採用の理由

 

3回目に転職した会社で任された仕事はLPガス配送システムでした。

私には未経験のシステムです、そして、そのシステムは未完成だったのです。

入社後2日目には、課長と客先へ引き継ぎの挨拶に行きました。

 

そこで聞いたのは、本社の社員が納品したLPガス配送システムは、納品した社員が独断で改良した部分が多いシステムだったそうです。

そのために、それを引き継ぐスキルがある人を営業所で採用し、任せることになったようでした。

私の「職務経歴書」から実績を考慮し、システムを任せられると判断したようです。

余談ですが、課長からは「見た目がパッとしないから採用に賛成しなかった」と言われました。(冗談かもしれません)

しかし、現社長(当時専務)が採用を決定したと言うことでした。

 

評価は顧客からも

 

未完成のLPガス配送システムでしたが、納品した以上、早く稼働させる必要があります。

プログラムは、ほぼできていましたが、バグ(不具合)もかなりありました。

そのために、客先で午後9時頃までプログラムの修正を行うことが何度もありました。

他にも、コンピュータに不慣れな顧客側の入力ミスで、データを修正することも何度かありました。

客先から家に帰り付くのは午後11時頃の日々が2ヶ月くらい続きました。

たまに、午後7時頃に仕事が終わると、客先の課長さんから、

「どうせ途中で食事をして帰るのなら、お寿司でも食べて帰りませんか」

と言われ、何度かお寿司をご馳走してもらうこともありました。

日頃の頑張りが、評価されていたのだと思います。

 

同僚も評価している

 

最初に就職した会社は残業が多かったのですが、

理由の1つは、コンピュータの端末からプログラムを入力していたことです。

(今はパソコンで入力しますが当時はパソコンが普及していませんでした)

しかし、端末は高価で社員の数には足りません。

昼間は客先に行くことも多かったので、他の社員が帰った後に入力作業をしていました。

当然、午後9時頃まで残業することになります。

たまたま、元気のなかった私に同じ歳の女子社員が「最近元気ないよ」と

話しかけてくれることがありました。仕事で疲れていると思っているようでした。

しかし私の元気がないのは、失恋でした。

2歳下の女子社員からは手紙をもらいました。

内容は、最近私の元気がないのを、みんな心配していると言うことでした。

 

残業疲れで元気がないと思われていたようで、本当は失恋だとは言い出せませんでした。

ただ、毎日頑張っていたので同僚も心配してくれたのだと思います。

適当に仕事をしている人の心配なんて誰もしませんよね...

 

評価もスキルもプラスに

 

私の場合、自分自身の評価を上げるために頑張っていたのでありません。

ただ、顧客のためになるようにと思って頑張っていただけです。

それが、思った以上に上司から評価される結果になったようです。

頑張って仕事をすれば、上司や同僚、顧客から評価さると思います。

それに、スキルアップもできます。

実績も増やすことになるでしょう。

頑張ればプラスになることばかりです。

 

文章:エムユー

 

関連記事

関連記事

  1. 天才は表、一般人は裏で人に貢献する
  2. 退職の決め手は社内の空気
  3. 若い時には楽しい面があった会社
  4. ハローワークに配置されたサポーターの是非
  5. 職場の環境によって、社員の命運を左右する
  6. 今では簡単な仕事でも、最初はチンプンカンプン
  7. 同僚との飲み会は必要なのか?
  8. 政府が補助金を全額カットした場合、A型の65パーセントは倒産する…

おすすめ記事

ワークスペース リーフ塚口

いこい

多機能型事業所 あずあいむ

障がいのある方々が安心して暮らせる地域作りをめざし、障害者総合支援法に基づく障害福祉サービス事業・障…

コロナウイルスの脅威はどれほどなのか

 テレビでは連日のように、コロナウイルスのニュースを伝えている。全国における感染者は…

ちゃれんじ工房株式会社

ものづくりを通じて、利用者ひとりひとりの可能性を引き出せるような、きめ細かい支援がモットーです。 地…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP