福祉・医療

役所の申請手続き(障碍者手帳等)は、時間が掛かり過ぎる

 

  障碍者手帳、自立支援の手続きが遅くなると、当事者、企業、病院関係者に迷惑がかかってしまう。

 当事者としては障碍者枠での企業採用に影響が出かねない。近年では減ったものの、障碍者手帳のコピーを求められることがある。期限切れの手帳では障碍者枠として認定されず、採用に不利になることもある。

 企業としては当事者を障碍者枠として従業員を雇っている。障碍者手帳がなければ、手続きに支障が出てしまうことが予想される。障碍者の数が足りないと納付金を取られ、企業名を公表されてしまう。計り知れないデメリットがある。

 病院関係者にも迷惑がかかることになる。自立支援は上限金額によって支払う金額が決まる。未定では対応に困ることになる。事務的なことから、返金、集金に余計な手間をかけるのは避けたいところ。

 近年は障碍者手帳を申請する人が増えているため、手続きに時間がかかるのはわかる。それならば、手続きに要する機関を見越して、申請を早くできるようにすればいい。手続き期間は2~3か月程度なので、4か月前から申請できれば空白期間をなくすことができる。

 当事者、企業、指定された機関の病院関係者が困らないような制度の構築を望みたい。 

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 特例子会社を検討してみてはいかがだろうか
  2. 法定雇用率は低すぎる
  3. 「共感力」は意思疎通のツールだが限界もある
  4. 障碍者、健常者の苦しみは異なる
  5. 支援者と利用者【障碍編】
  6. 樺沢紫苑著『精神科医が教える病気を治す感情コントロール術』あさ出…
  7. ショートショート『二度自信を失う』
  8. 精神安定剤の服薬をやめよう

おすすめ記事

リンクスライヴ茶屋町

利用者の意向、適正、障害の特性その他の事情を踏まえて個別支援計画を作成し、これに基づき利用者に対して…

ワークサポート青山 

利用者の意向、適性、障害の特性その他の事情を踏まえて就労継続支援A型計画を作成し、これに基づき利用者…

つくしハウス

弘前大清水希望の家

キリスト精神にのっとり、人は神によって創られた存在であり、皆、兄弟姉妹であるという人間観、一人ひとり…

夢工房ねむの木

1、指定就労継続支援B型の実施に当たっては、事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むこと…

新着記事

PAGE TOP