福祉・医療

  1. 精神科の選び方

     精神科に行こうと思うなら、診療科の多い大規模総合病院に行った方が良い。その方が色々と利点があるからだ。 まず、一般人は情報源が限られているので病院を選ぶことは難しい。病院は医療法等により広告が規制されて…

  2. 仕事のヒントになるサイト

     マコなり社長が仕事のできない人などのサイトを上げている。再生回数も50万回を超える…

  3. 勉強をゲーム感覚で行える発達障碍が真の一流となる

     勉強をやらされていると思わないことが伸びるために重要です。人間は自分の意志でやらな…

  4. 発達障碍は精神障碍2級の要素が強いように思う

     精神障碍者手帳は、療育手帳、身体障碍者手帳よりも基準が曖昧といえる。 精神障碍…

  5. オートファジーシステム(16時間断食)が注目されている

     人間の細胞にはオートファジーシステムがあります。 オートファジーシステムとは細…

  6. 発達障碍に向く仕事、向かない仕事

  7. 障碍者枠は週に30時間以上働くことが求められる.

  8. 障碍者の一部は職場に居場所を確保するので一杯一杯

  9. 障碍者、健常者は信頼し合えるのか

  10. 障碍者施設は利用者の理不尽に耐えるのが仕事

  11. パラリンピックに知的障碍者部門がないのは健常者を参加させたチームがあったから

  12. 健常者は障碍者にベターを目指せといいながら、やっていることは全く違う

  13. 障碍者にとって健常者はクラッシャーみたいなもの

  14. 障碍者はいじめに遭いやすい

  15. 障碍者は見えないところでお世話になり、見える形で被害を被る

  16. いじめは障碍者の継続年数に影響を及ぼすのか

  17. 高次脳障碍がつきにくい仕事

  18. A型で在宅勤務を取り入れている作業所もある

  19. 高齢者の就職支援を静岡県で行っている

  20. 知的障碍の生きにくさ

  21. 障碍者同士が尊重し合うのは困難を伴う

  22. 障碍者へのアンケートを行っている市もある

  23. 支援者(健常者)は利用者(障碍者)に無理を強いることが多い

  24. A型作業所にて施設外で勤務する障碍者は一般でやっていけるのではなかろうか

  25. 発達障碍は適性がはっきりしている

  26. 発達障碍が働く難しさ

  27. 障碍者は社会で居場所がない

  28. 就労移行で聞いておきたい質問

  29. 時代の変化が発達障碍者の仕事を奪った

  30. 障碍者が一般会社で働く難しさ7

  31. 広く浅くが唱えられる限り、発達障碍は生きにくい

  32. 障碍者が一般会社で働く難しさ6

  33. 奇抜な発想が役立つ職業もある

  34. 障碍者が一般会社で働く難しさ5

  35. 障碍者が一般会社で働く難しさ4

おすすめ記事

スタジオれもん

関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った適正かつきめの細かな就労継続支援(B型)のサービスを提…

一人の若者が太宰治について思うこと

最初の印象幼いころに刷り込まれた太宰治という作家の印象はネガティブなどのマイナス…

もりの輝舎

結果主義は障碍者にとって生きにくい

 見えない部分でどんなに努力をしても報われない。そのように感じている人は多いのではな…

「酔い止め薬」を服用した時に気を付けること

 酔い止め薬を服用すると、出てくる副作用がありますが、副作用を知らなかったり気が付か…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP