プロジェクト

農福連携で「あまうめ城っぷ」に従事して

画像:尼崎市農業公園での梅の実の収穫作業

 

一般社団法人ひまわり 就労継続支援A型事業所共栄では、今回、「農福連携」ということで、地元の尼崎市農業公園で採れた梅の実を有効活用する「あまうめ城っぷプロジェクト」の活動を開始いたしました。

 

事業所のメンバー各々が、一致協力し、それぞれの持ち味、特技も使います。事業所が製造業者と契約していただき、「あまうめ城っぷ」という商品を開発いたしました。

 

私自身は、一日だけでしたが、梅を刈る仕事に従事しました。

体を使った仕事で、後になって少し首が痛くなりましたが、夢中になって取り組めて、楽しく作業させていただきました。

 

普段はデスクワークが主な仕事でしたので、自然に触れながら協力し合って作業する楽しさもあり、充実感を得ました。

 

この「あまうめ城っぷ」が地元の名産品として認知されれば、こうした試みに触発された他の事業所で働く人の励みになることを夢想いたしました。

 

皆さまの生きがいの創生に繋がることを願っています。

 


 

関連記事

関連記事

  1. あまがさき観光案内所にてあまうめ城っぷの販売が始まりました!
  2. 梅ポリフェノールが新型コロナに対して阻害作用を持つ
  3. 神戸新聞に「あまうめ城っぷ」の記事が掲載されました!
  4. 【全貌】梅の健康パワーで残暑を乗り切ろう!
  5. 「尼うぇるフェア」の即売会に参加しました
  6. ケーブルテレビ【 Bay communications (ベイコ…
  7. 8/26付け、毎日新聞【地方版(阪神)】に『あまうめ城っぷ』の取…
  8. 梅の名所で「なにわの梅伝説」のある尼崎:『難波熊野神社』紹介

おすすめ記事

「春」―新たな春に新しい事を始めてみよう!ー

春とゆう季節に…身も心も…穏やかになれる季節…

大和あけぼの園

いんくる

「Good Job&Good Partner」をスローガンに働く意欲がありながらも、一般就労に結びつ…

就労継続支援施設 くわの実

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動活…

あゆみ工房−花小麦−

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことが出来るよう、就労の機会を通じて、その知識及び能力の…

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP