サスペンス・ホラー

怖い話『わたしも食べたい』

 

友人宅の玄関をガラッと開けて、

「おーい、たこ焼き買うてきたでー」

と声を掛けた。

すると、ドタドタドタと階段を駆け下りる音がした。

 

ところが音のした方とは違うところから友人が顔を出して、

「おう、上がれや」

と言った。

 

コーラを出してきて「さあ、食べよう」ってなった時に、

 

「他に人いるんだろ?弟とか妹とか、呼べよ」

 

「今、うち俺一人やぞ?」

 

「さっき誰かが階段降りてくる音がしたんやけどな?」

 

「うち2階ねえよ」

 

 

文章:百百太郎

 

画像提供元 https://farm3.static.flickr.com/2032/2308993346_569d52b933.jpg

関連記事

  1. 怖い話『お母さんについていく子』
  2. 怖い話『もうひとりいたはず』
  3. 怖い話『ごめんね』
  4. 怖い話『ドアが開けられないの』
  5. 怖い話『ごめんなさい』
  6. 怖い話『丸められた紙』
  7. 怖い話『小さな靴下』
  8. 怖い話『こっちだよ』

おすすめ記事

福笑いひろば

事業所は、利用者が自立した日常生活及び社会生活を営むことができるよう、 利用者に対して就労の機会を提…

麦の会共同作業所

利用者の意思及び人格を尊重して、常に利用者の立場に立った、サービスの提供を確保する。 利用者の生きが…

きりんの里

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して、就労の機会を提供するとと…

コスモス学園中沼ジョブセンター

1 自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、生産活動その他の活動の機会の提供を通じて、…

LITALICOワークス枚方

人は働くことを通じて、誰かに必要とされることで心が元気になり、もっと良い人生を送りたいという意欲が生…

新着記事

PAGE TOP