サスペンス・ホラー

怖い話『よなかのでんわ』

 

1年遅れで高校の友人が大学へ入学し、同じアパートに入居してきた。

入居当日、友人の部屋は布団や机があるだけでまだガラガラの状態だ。

わたしの部屋で一緒にコタツに入り、これからの大学生活について軽く話をした。

これから物が増えていくこと、取るべき科目、単位取得が難しい科目、サークルのことなど。

 

そんな中で、このアパートにまつわる怪談についても話をした。

夜中に勝手に電気がついていた、窓に白い着物の女の影が浮かんでいた。

そして、その部屋がおまえの部屋だと。

もちろん冗談である。

 

やがて夜も遅くなり、友人は自分の部屋へ戻っていった。

夜中、寝入っているところに電話が鳴った。

友人からだった。

 

「どうもこの部屋おかしいよ」

 

と言う。

さっきの怪談話を気にしていると思ったわたしは

 

「さっきの話はウソだから」

 

と説明したが

 

「すぐ来てよ、頼むよ」

「こっちに布団もってきて俺の部屋で寝りゃいいじゃん」

「そっちが来てよ」

「なんでよ?」

 

そんなやりとりをしばらくして電話を切った。

そして翌朝、友人に

 

「夜中に電話してくるなよ」

 

と、文句を言うと、友人は浮かない顔をしていった。

 

「俺の部屋、電話ないよ。工事来るの今日だし・・・」

 

文章:百百太郎

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/2470316409/0d02e2da39/

関連記事

  1. 怖い話『死体現場ごっこ』
  2. 怖い話『ウォータースライダー』
  3. 怖い話『階段からくる子』
  4. ホラー:「白骨死体のある家」
  5. 怖い話『手遅れ』
  6. 怖い話『駆け込んできたもの』
  7. 怖い話『ボスママの眼』
  8. 怖い話『なきごえ』

おすすめ記事

就労継続支援B型事業所ガーデンテラス

障がい者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律の理念に基づき、利用者の方々が自立した日常…

オープンスペース又蔵さんち

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供するととも…

『あなたはどっち?』

僕は少数派。だから何故か今まで周囲に合わせて行動してきた。&…

花果凛

指定就労継続支援B型の実施に当たっては、事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことがで…

連合授産場

利用者一人ひとりの将来を考え、新たな一歩がふみだせるように着実に支援。利用者を中心として、ご家族の方…

新着記事

PAGE TOP