レジャー

【欧州CL】レアル・マドリードが4年ぶり14度目の優勝!!

 

UEFAチャンピオンズリーグ21-22シーズンの決勝が行われ、スペインのレアル・マドリードがイングランドのリバプールを0-1で下し、4年ぶり14度目の優勝を決めました!

 

パリ近郊のサンドニにあるスタッド・ドゥ・フランスで開催されたファイナル。

当初はサンクトペテルブルクで行われる予定でしたが、ロシアのウクライナ侵攻により、急遽フランスのスタジアムで行われることになりました。

 

キックオフが36分遅れるトラブルがありました。

 

偽のチケットをつかまされたファンが大挙して押し寄せ、大混乱となったスタジアムの場外。警官隊が催涙スプレーをかけるなど、大変なことになっていたようです。

正規のチケットを持つ人をちゃんとスタジアム内に入れるための振り分けや、混乱収拾に時間がかかってしまいました。

 

試合は白熱したものとなりました。

 

前半、徐々に相手を圧倒していくリバプール。

シュート10本、枠内シュート5本を打ちましたが、ゴールは生まれません。

前半を0-0で終えます。

 

後半、リバプールの一瞬のスキをマドリードが突きます。

 

フェデ・バルベルデからのシュート性のクロスを、ヴィニシウスが合わせたのです!

アレクサンダー・アーノルドの背後でした。

 

その後、フィルミーノやジョタといった攻撃的な選手を次々と投入したリバプールが、怒涛の攻めを見せます。

 

しかし、そこに立ちはだかったのは、キーパーのクルトワでした。

 

途方もないビッグセーブを連発するクルトワ。

9本も止めて、ピンチを防いでくれました。

 

試合はそのまま両者得点なく終了。

レアル・マドリードが14度目の優勝を決めました。

ヨーロッパ王者となった回数でダントツの一位です。

 

この日のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたのはクルトワでした。

ひょっとすると、バロンドール(世界最優秀選手)に選ばれるかもしれません。

 

以上、チャンピオンズリーグ決勝の話題でした!

 

 

文章:増何臍阿

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/2421983923/6d74eb2ec6/

 

関連記事

関連記事

  1. 阪神の佐藤選手について
  2. 相撲界でコロナウイルスが蔓延
  3. 大関の朝ノ山の処分軽減を求める署名について思ったこと
  4. 海外旅行へ行く前にすること
  5. 京阪電車で快速急行プレミアムカーを実施
  6. 【サッカー】伝説の選手、サミュエル・エトー
  7. 十両と幕下の入れ替えは誰になるのか(2022年5月場所の15日間…
  8. 京阪電車では特別料金のかかる急行運用もあった

おすすめ記事

青葉の杜

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、障害者総合支援法、各関係法令を遵守し利用…

高等教育無償化は進学の役に立つか?

  結論から書くとほとんど役に立たない。 日本では『初等教育』や『中等教育』がほぼ崩壊してい…

未来工房 春日部駅前

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者の意向、適性、障害の特性その他の事…

利用者と支援者の距離感【障碍者編】

 利用者が支援者に分かってもらえないと口にするのは、求めすぎている基準が高すぎるから…

オアシス砺波

新着記事

PAGE TOP