レジャー

【欧州CL】決勝のカードが決まる

 

UEFAチャンピオンズリーグ21-22シーズンの準決勝 2nd Leg が行われ、決勝のカードが決定しました!

 

ビジャレアルはリバプールをホームに迎えました。

 

1st Leg はリバプールが2-0と完勝したこのカード。

前半早くに二得点をしたビジャレアルが二試合合計スコアで並びます。

 

しかし、後半怒涛の攻めを見せたリバプールが三得点し、合計で2-5となり、リバプールが決勝に駒を進めました。

 

一方、マンチェスターシティとレアルマドリードの一戦。

 

1st Leg はとてつもない打ち合いの試合となり、ホームのシティが4-3とリード。

ゲームを支配していたシティにとっては、もっと大差をつけて勝っていてもおかしくはない試合でした。

 

そして 2nd Leg の舞台はマドリードのサンティアゴ・ベルナベウ。

数日前にレアルマドリードはここでラ・リーガ(スペインリーグ)優勝を決めています。

決勝トーナメントに入ってからパリサンジェルマンやチェルシーという強豪を、奇跡的な逆転劇でやぶってきた、マドリードの本拠地です。

 

何が起こるか誰にもわからない、魔法の宿る場所です。

 

後半、マフレズのシュートがニアに突き刺さったとき、多くのひとが「はぁ、ダメかぁ」と

気落ちしたでしょう。二試合トータルで二点差をつけられたマドリードが決勝に進む可能性は風前の灯火に。

 

しかし!

 

試合終了間際のことでした。

 

90分、ベンゼマのボレーによる折り返しを走りこんだロドリゴが決め、一点差に。

そしてそのあとすぐ、カルバハルのクロスにアセンシオのヘッドをかすめロドリゴがヘディングでゴールを決めたのです!

 

とんでもなく乗りに乗っている男、ロドリゴ。

 

土壇場で振り出しに戻されてしまったシティは慌てます。猛攻撃をしかけてくるマドリードに対し、なんとか乗り切って延長戦にすべりこみます。

 

そして延長前半、ペナルティエリアで倒されたベンゼマがPKをゲット。

ゴール右隅に冷静に沈めたベンゼマ。これで二試合合計6-5となります。

 

そのまま逃げ切ったレアルマドリード。決勝進出となりました。

 

決勝のカードは、リバプール対レアルマドリードとなりました。

リバプールのエース、モハメド・サラーがケガを負わされた数シーズン前のCL決勝のこともあり、因縁の対決の実現とあいなりました。

 

5月29日、サンドニでのキックオフが楽しみです!

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/2090461679/8649518c8d/

 

文章:増何臍阿

 

関連記事

関連記事

  1. 勝南桜が引退
  2. 【サッカー】日本代表、ワールドカップ出場決定!!
  3. 三段目の響龍が死亡
  4. 【サッカー】ヨーロッパのサッカーシーンあれこれ
  5. 大谷翔平選手の身体能力の高さには驚かされる
  6. 阪神の佐藤選手について
  7. 羽生九段が名人戦A級陥落の危機
  8. 関取昇進の明暗を分ける番付半枚の差

おすすめ記事

アトリエ・デ・ソレイユ尚生

事業の実施に当たって利用者の意思及び人格を尊重して、常に利用者の立場に立ったサービスの提供に努めるも…

社会福祉法人西会津町授産場

利用者の個々の尊厳を守りながら、自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう生産活動やその他の…

南伊勢町社会福祉協議会 ふれあいなんとう

利用者が地域において自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者の心身の状況その置…

サポートセンターbeing吹上 

提供する作業を通じて主体性、持続性、責任感を育み、支援つき自立と社会経済活動への参加・豊かな人生の実…

『言えない』―大切な人だから、弱みを見せたくないー

大丈夫だよ→大丈夫じゃない泣かないよ→泣きたくてたまらない&…

新着記事

PAGE TOP