サスペンス・ホラー

怖い話『のぞく子供』

 

わたしの部屋は2棟並んだ6階建てマンションの3階にある。

ある朝、洗濯物を干していると、向かいのマンション2階のベランダに男の子がいるのに気づいた。

 

その子は、カーテンのわずかな隙間からジッと部屋の中の様子を覗き込んでいる。

かくれんぼしているのか?イタズラして部屋から閉め出されているのか?

 

夕方になって、洗濯物を取り込もうと、ベランダに出て見ると、例の男の子はまだベランダにいた。

朝と同じように、カーテンの隙間から部屋の中を覗き込んでいた。

 

「これはひどい、虐待だ」

 

と気づいたわたしは、抗議しにそのお宅へ向かった。

 

「お宅のベランダに朝から男の子いるんですけど、何してるんですか?ひどくないですか?」

 

そこの住人はやつれた様子で「またですか?」と肩を落として言った。

 

そこの先住者に、子供が川に流されて行方不明の人がいるとかで、よく住人が変わる部屋なのだという。

今度、同じシーンを見かけても教えないでおこうと思う。

 

文章:百百太郎

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/235290475/7328621e44/

 

関連記事

  1. 怖い話『開けてください』
  2. 怖い話『そこにあるもの』
  3. 怖い話『昼間に寝ている女』
  4. 怖い話『階段からくる子』
  5. 怖い話『増えた死体』
  6. 怖い話『午後の授業中の怪』
  7. 怖い話『自分だけが違う夜』
  8. 怖い話『丸められた紙』

おすすめ記事

就労継続支援事業所 ポールスタ

(事業の目的)指定障害者福祉サービスの福祉就労継続支援B型の適正な運営管理を図るとともに、利用者の立…

風の子会高浜生活実習所

障害を持つ人が自ら豊かな生活を切り拓いていく力と機会を得ることができるように支援する。そして社会の中…

おおむらさき

1.個人の尊重と権利擁護を目指します。 2.利用者主体のサービスを提供します。 3.地域に開かれた事…

常岩の里ながみね

利用される方の意向を踏まえ、自立した日常生活、社会生活を実現できるよう、常時の連絡体制の確保、障害特…

兵庫県社会福祉事業団 多機能型事業所 小野福祉工場

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営む事が出来るよう、雇用して就労の機会を提供すると共に、その知…

新着記事

PAGE TOP