レジャー

【サッカー】伝説の選手、デニス・ベルカンプ

 

もはや伝説となったフットボール選手、デニス・ベルカンプをご紹介させてください!

 

デニス・ベルカンプは、オランダ・アムステルダム出身のフットボール選手。

主に90年代にオランダ代表として活躍したベルカンプは、アヤックスでキャリアをスタートさせ、イタリアのインテルへと移籍した後、イングランドのアーセナルで爆発的な活躍を見せました。

 

まずは、そのプレーをご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=DGgUobODzHY

©ベルカンプ 冷静すぎて気持ち悪いゴール&トラップ集!!スーパープレイ アーセナル アヤックス サッカーオランダ代表【Legend】

 

巧すぎてもはや気持ち悪いと言われてしまっています。

 

テクニックをほめる際に使われる「華麗な」という表現ではなく、冷静過ぎて怖くなる、気持ち悪さをも感じさせる、おそろしいまでの凄みに到達しています。

 

2003-2004シーズンでプレミアリーグを無敗で制するなど、アーセナルの黄金時代を築きました。ヴェンゲル監督のもと、ティエリ・アンリ、パトリックヴィエラ、リュングベリ、ロベール・ピレス、ソル・キャンベル、ジウベルト・シウヴァ、イエンス・レーマンなどそうそうたるメンバーでまさしく「最強」でした。

 

ワールドカップは、94年のアメリカ大会と98年のフランス大会に出場、それぞれベスト8ベスト4進出に大きく貢献しました。

 

そんなベルカンプ、大の飛行機嫌いでした。

イギリスの伝承にあるオランダの幽霊船「フライング・ダッチマン」をもじって、

「ノン・フライング・ダッチマン」というあだ名がつけられています。

 

おそろしいまでの冷静さといかつい感じとのギャップに笑ってしまいます。

 

今回は、伝説の名選手デニス・ベルカンプのご紹介でした!

 

 

文章:増何臍阿

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/12701687524/302f452ded/

 

関連記事

関連記事

  1. 選抜2021の明治神宮枠をどのように扱うのか
  2. 【欧州CL】ベスト8決定!3月18日20時より組み合わせ抽選会!…
  3. 変則将棋を楽しんでみよう
  4. 【サッカー】ヨーロッパのサッカーシーンあれこれ
  5. 第93回選抜大会の抽選会が行われた
  6. 西山朋佳奨励会三段の第68期の四段昇格が消滅
  7. 将棋でタイトルを取る難しさ
  8. 十両と幕下の入れ替えは誰になるのか(2022年5月場所の15日間…

おすすめ記事

アートショップよこはま

ふぉれすとあゆみ

利用者が地域において自立した日常成果t又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者の身体及び精神の…

なごみの家 

意思決定支援の実施、可能な限り本人が自ら意思決定ができるよう支援 自主製品作り、受託作業、施設外就労…

ほのぼのグループⅢ(自立ホームあじさい)

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、常に利用者の立場に立ったサービスの提供に…

障害者就労支援センター トライアングル 

心身障害者が、集団による作業訓練及び生活指導を受け、健全な生活習慣を身につけることを援助することによ…

新着記事

PAGE TOP