福祉・医療

テレワーク後に感じるようになった出社ストレス

 

 テレワーク後に感じるようになった出社ストレス

 

 テレワークをするまでは、自宅で勤務をするという発想はありませんでした。それゆえ、会社が苦痛だとしても出社するのが当たり前に感じていました。テレワークを通じて、筆者自身が個人的に体験した意識の変化を書いていきます。

 

 テレワーク慣れをすると、出社するのが面倒だと思うようになりました。会社の誰とも会わないことによるストレスのなさ、自分のペースで仕事できる環境などに慣れてしまうのかもしれません。職場の人間関係は騙し合い、お世辞の言い合い、責任の擦り付け合いで居心地のいい環境とはいえません。お金がなければ、すぐに逃げ出すようなところです。

 

 通勤時間がなくなるのも大きいです。運動不足になりがちなところは、適度な散歩で賄うことができます。

 

 身体や脳が拒否反応を示す

 家でずっと仕事したい、会社にはいきたくないという思いに脳が支配されるようになります。そうなってしまうと、出社日に身体が異常を感じてしまうのです。無意識のうちに起きてしまうので、非常に厄介です。

 

 人と話すのを苦痛に感じている人ほど、テレワークはいいと思いやすい

 テレワーク=基本的に一人で仕事をします。会議などはあるものの、人と接する機会は激減することになります。

 

 元々、一人仕事をしたい人にとっては天国のような環境となります。

 

 まとめ

 テレワークはストレスを感じるといわれるけど、快適な部分もあります。

 「テレワークを楽しい」、「会社に戻りたい」。どちらになるのかは個人差があるように思います。

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/f7/photo/31791443418/fae1d52ae6/

 

関連記事

  1. 障碍者支援で思うこと
  2. 休職中であっても条件を満たせば、就労移行事業所を利用可能
  3. アルコール依存から脱却するのを目的とした福祉事業所
  4. 障碍者枠はブランクよりも能力を重視することもある
  5. 発達障碍プロジェクト(発達障碍者向けサイト)
  6. 特例子会社を検討してみてはいかがだろうか
  7. アルコール、薬物、ギャンブル依存を脱却するための作業所もある
  8. 精神疾患だと免許が更新されない場合がある

おすすめ記事

アベック戸畑

みらいず

「心を育てる」・「自主性と協調性を育てる」・「責任感を育てる」ことを目標として活動を行い、利用者が仲…

障がい者相談支援センターやまぶき

NPO結

利用者が地域において自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、保健、医療。福祉、就労支援、…

マルク

新着記事

PAGE TOP