健康

精神安定剤のリーゼを減薬する方法

 

 精神安定剤のリーゼの服薬量を減らしたいけど、行動に移せていない人へ

 

 リーゼを服薬している筆者はリーゼの量を徐々に減らしています(10グラムから3.5グラムくらい)。

 方法を下記に記していきます。

 

 リーゼは弱い薬ではあるものの依存性はそれなりに高い。減薬をする場合は少しずつにしよう。

 服薬量をいきなり半分にしてしまうと、離脱症状が出てしまいます。1週間で5パーセント前後くらいにすると、無理なく減らせます。ダイエットと同じで、無理は禁物です。

 

 リーゼは固形なので、割るというのは難しいです。やすりで削るなどして、量を調整するとよいでしょう。

 

 運動量を増やすことによってストレス解消するのも忘れずに

 運動をするとストレス解消につながります。精神状態を安定させられるので、服薬量を減らすことになります。薬を減らすときは、他のことを一緒にやるとうまく生きやすいかもしれません。

 

 甘いものを減らすことによって、精神状態を安定させることも重要

 糖分には依存性があるため、精神が安定しにくくなります。砂糖の摂取量を減らすことによって、薬の効果を得られなくとも、大丈夫なメンタルを作っていきます。

 

 減薬に失敗したとしても気にしなくてもよい

 服薬量を減らせなかったとしても、自分を責めないようにしましょう。いつかはできるという気持ちを持つことによって、減薬につながっていきます。ポジティブ思考で入れば、いつかは成功するのではないでしょうか

 

 リーゼを減薬するときの3つのまとめ

・減薬は慎重にする

・他のことを並行することによって、減薬にプラスになる。

・減薬しようという思いがあれば、いつかはうまくいくという精神を持つ

 

 これを守っていけば、いつかは減薬に成功すると思います。最終的には薬を飲まないという目標に向かって、力を尽くしていきましょう。

 

文章:陰と陽

画像提供元 https://foter.com/f6/photo/50999907705/de0c9c958f/

関連記事

  1. メンタルヘルスの本の出版に携わるA型作業所
  2. 障碍者支援員が分かっているのは、手帳を所持していることだけ
  3. ハンデを抱えたことを嘆かないように(ピアノ)
  4. 障碍者の恋愛事情
  5. エジソンの言葉を障碍者支援に当てはめる
  6. 健常者と障碍者は異なる部分が多い
  7. 障碍者支援の矛盾
  8. 空気を読むのと他人の感情を理解するのは別問題【障碍者編】

おすすめ記事

株式会社しあわせ農園

当事業所は、利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、障害者の日常生活及び社会生…

わーくぷらす堺筋本町ひまわり

指定就労継続支援A型の円滑な運営管理を図るとともに、利用者の意思及び人格を尊重して、常に当該利用者の…

障害者相談支援センター ぴあらいふ

株式会社エンジェルス

職業訓練と就労を通じて障害者の一般就労を目指すための意識を高めながら障害者と健常者の一体化した事業を…

憩いの広場 まんぷく

「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」、「青森市指定障害福祉サービスの事業の人…

新着記事

PAGE TOP