レジャー

三段目の響龍が死亡

 

 大相撲の響龍(三段目)が急性呼吸不全のためになくなりました。28歳という、あまりにも早すぎる死でした。

 

 大相撲の取組で得俵に頭をぶつけた

 You tubeの動画を見る限り、得俵に頭を強く打ったように見えました。そのときに首を傷めたものと思われます。

 

 倒れたにもかかわらず、誰も助けなかった

 対戦した相手力士、親方はすぐにかけつけませんでした。命を預かっているものとして、あまりにもお粗末な印象を受けました。相撲界にとって、一人くらい死んでも何も変わらないと考えているのでしょうか。

 

 勝ち名乗りよりも命を優先すべき

 勝ち名乗りについても、違和感があります。相撲界の伝統は、命よりも大切なのだとすれば、組織として腐りきっています。人命を大切にしないところに発展はありません。

 

 相撲をやりたいと思う人は減少するのではなかろうか

 命を助けてくれないようなところに行きたいと思う人はいません。響龍の死亡によって、相撲会を目指す人の減少にさらなる拍車がかかりそうです。

 

 まとめ

 対応があまりにもお粗末です。もっと適切に処置をしていれば、響龍は助かったかもしれません。そのように思うとやり切れないです。

 

 なくなった命は取り戻せないけど、今後に生かすことは可能です。一人の力士の死を無駄にしてほしくありません。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/381f8541e238fa841ba3a3915f11773f812e7f96

©【記者の目】響龍さん死去は大相撲の未来に警鐘 頭部強打で迅速に対応を(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/f6/photo/8685358290/001eb21944/

関連記事

  1. 2021年4月から病院で感染症対策実施加算金がかかる
  2. 香川県がゲーム時間を制限する条例の制定を目指している
  3. 阪神の選手が書類送検された
  4. コロナウイルスで選抜中止
  5. 8月後半なのに連日のように35度超え
  6. 川崎市は空き缶集め禁止する方向で調整中
  7. 雇用保険料が引き上げられる
  8. パリーグの今後

おすすめ記事

杉並区障害者雇用支援センター

1 就労定着支援事業は、法第5条の15に基づき、障害者が新たに雇用された企業等での就労の継続を図るた…

三愛ワークス

たいよう 

刑事施設の出所者に対する更正社会復帰のための支援 知的・精神障がい者の地域移行のための支援…

相談支援事業所 豆の木 

1.利用者が地域において自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、保健、医療、福祉、就労…

ブリーゼ

就労に向けた支援等を利用して、一般企業に新たに雇用された方に対して、就労の継続を図る為に必要な相談、…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP