レジャー

三段目の響龍が死亡

 

 大相撲の響龍(三段目)が急性呼吸不全のためになくなりました。28歳という、あまりにも早すぎる死でした。

 

 大相撲の取組で得俵に頭をぶつけた

 You tubeの動画を見る限り、得俵に頭を強く打ったように見えました。そのときに首を傷めたものと思われます。

 

 倒れたにもかかわらず、誰も助けなかった

 対戦した相手力士、親方はすぐにかけつけませんでした。命を預かっているものとして、あまりにもお粗末な印象を受けました。相撲界にとって、一人くらい死んでも何も変わらないと考えているのでしょうか。

 

 勝ち名乗りよりも命を優先すべき

 勝ち名乗りについても、違和感があります。相撲界の伝統は、命よりも大切なのだとすれば、組織として腐りきっています。人命を大切にしないところに発展はありません。

 

 相撲をやりたいと思う人は減少するのではなかろうか

 命を助けてくれないようなところに行きたいと思う人はいません。響龍の死亡によって、相撲会を目指す人の減少にさらなる拍車がかかりそうです。

 

 まとめ

 対応があまりにもお粗末です。もっと適切に処置をしていれば、響龍は助かったかもしれません。そのように思うとやり切れないです。

 

 なくなった命は取り戻せないけど、今後に生かすことは可能です。一人の力士の死を無駄にしてほしくありません。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/381f8541e238fa841ba3a3915f11773f812e7f96

©【記者の目】響龍さん死去は大相撲の未来に警鐘 頭部強打で迅速に対応を(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/f6/photo/8685358290/001eb21944/

関連記事

  1. 同姓同名の候補者に投票する場合の注意点
  2. 選抜の甲子園出場校予想2
  3. ナイキが新高速シューズ(アルファフライ)をデビューさせるかもしれ…
  4. ドコモで顧客を侮辱したメモが渡された
  5. 車椅子バスケットがパラリンピックから除外される可能性がある
  6. 相撲で遅刻すると原則的に不戦敗となる
  7. コロナ自粛は別の意味の危険性を伴う
  8. 阪神の佐藤選手について

おすすめ記事

南風の丘

通所による雇用契約等に基づく就労の機会を提供するとともに、一般就労に向けた知識、能力が高まった者につ…

障害福祉サービス多機能型事業所 デイセンター芽ぐみ野

利用者が自立した日常生活または社会生活営むことができるよう、通常の事業所に雇用されることが困難であっ…

リトルゲイン

利用者ひとりひとりの希望、将来への目標をよく話し合い少しずつステップアップできるよう最善を尽くし、利…

ワークスペース元町

特定非営利活動法人D.Nサポートが、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく…

SORA

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者を雇用し就労の機会を提供するととも…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP