レジャー

大相撲の十両と幕下の入れ替えは誰になるのか(2022年5月場所)

 

 2022年5月20日、10時30分時点の成績で、十両、幕下の入れ替えの予想をします。

 

 十両から落ちてもおかしくないのは現時点で1人

 

 東12枚目の十両力士が、3勝9敗となっています。下が2枚半しかないことから、幕下に落ちる可能性があります。他の力士については、幕下に落とされる成績の人はいません。

 

 千代嵐、大翔丸は関取維持が厳しい状況

 

 残り3日間のうち、1回でも負けてしまうと、幕下降格が現実味を帯びてきます。3連勝することで、関取の座を守ることができるのでしょうか。

 

 負けが込んでしまうと、幕下降格になる力士は残されています。彼らはどうなっていくのでしょうか。

 

 幕下から上がれそうなのは誰なのか

 

 東幕下8枚目の欧勝馬は、6番相撲を終えた時点で、6勝0敗となっています。7番相撲に勝利すれば、十両昇進が確定します。

 

 東二枚目の北青鵬は、6番相撲を終えた時点で4勝2敗です。確定ではないものの、十両にあがる権利を持っています。

 

 西幕下筆頭の西川は、3勝3敗です。7番相撲に勝利すれば、十両昇進の権利を得ることになります。

 

 東幕下3枚目の千代栄は、4勝2敗です。7番相撲に勝利すれば、十両に昇進する可能性は高くなります。

 

 西四枚目の金峰山は、5勝1敗となっています。7番相撲に勝利すれば、十両に昇進する確率が高くなります。

 

 13日目の取組前で、十両にあがれる可能性があるのは、5人となっています。十両の落ち方次第によって、関取にあがる、幕下のままであるのかが決まります。

 

 最近は十両優先の傾向が強い

 

 幕下に落ちる成績であったとしても、十両に残る力士が増えています。幕下から上がるためには、優秀な成績を収める必要があります。

 

 最後に

 

 残りは3日間となっています。悔いのないように、頑張ってほしいです。

 

https://www.jiji.com/jc/article?k=2022051901043&g=spo

©大相撲夏場所・幕内取組(13日目):時事ドットコム

 

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/2733018174/bd0bb5ae0c/

関連記事

  1. 大坂なおみ選手が記者会見を拒否
  2. 名人戦において、マスク不着用で反則負け
  3. プロ棋士になったからといって生活を保障されているわけではない
  4. Pリーガー紹介④
  5. 大谷翔平選手が29号・30号ホームランを連発
  6. 【欧州CL】Matchday 4 バルセロナ対インテルの死闘
  7. 春の選抜、2022の出場校予想
  8. 大相撲で怪我による休場が目立っている
PAGE TOP