就労

会社は上司ではなく金のために働く

 

 生きるためには給料をもらわなくてはなりません。お金を得るために、大多数の人は会社に属することとなります。

 

 会社に属すると、上司と必ず出会います。一部にはよい上司もいるものの、基本的には人間的に腐ったタイプが多くを占めます。上司でなければ、二度と接したくないと感じたこともあるのではないでしょうか。

 下記に示したことは、あくまでも個人的な感想です。

 

 上司に従うのは自分の身を守るため

 上司の意見が正しいからではなく、もたらされるメリットによって行動しています。必ずしも、上司の話に賛同しているわけではありません。心の中では否定しているケースも多いのではないでしょうか。

 

 金がなければ一銭の価値すらない上司は多い

 心から尊敬できる上司は少数で、ほとんどは接するメリットのない人間で占められています。金があるからついていくだけで、無給になったらすぐに退職届を突き付けます。

 

 私も色々な上司を見てきたけど、性格的に優れていると思ったことはありません。部下をつぶすことしか頭にない、モンスターのようなタイプを多数見てきました。

 

 アルバイトをしていたとき、転職のために退職するというのを見たことがあります。満足な金にならない会社は、在籍する意味がないのかなと感じました。

 

 お金を満足にもらえないのであれば転職を検討すべし

 上司からどんなにいいことをいわれたとしても、お金なくしては生活を裕福にすることはできません。金銭を得られない会社については、すぐに転職活動をした方がよいでしょう。

 

 お金がすべてとはいえないけど、最低限の収入は必須です。

 

 まとめ

 上司にまともな人間はほとんどいません。お金のための付き合いと割り切ればよいのではないでしょうか。

 

 労働はお金のためにするものです。給料が少ないと感じたならば、すぐに転職を検討しましょう。心を裕福にする一番の秘訣はお金です。

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://www.pexels.com/ja-jp/photo/1006060/

関連記事

  1. テレワークの昼休憩の過ごし方
  2. 在宅勤務に向く人、向かない人
  3. 就職氷河期世代に対する、政府の就職氷河期支援政策は手遅れ
  4. テレワークの運動不足を解消しよう
  5. 最低賃金は11年ぶりに据え置かれる確率が高い
  6. 仕事は頑張りすぎないことで長続きさせられる
  7. A型作業所を社内に作る企業が増えつつある
  8. 上司からの要望は、部下にとって命令と同じ

おすすめ記事

きららベーカリー

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者の意向、適性、障害の特性その他の事…

ライフサポート株式会社

事業所の従業者は、利用者の特性を踏まえて、その有する能力の維持・改善を図り、1日も早く就労することが…

『後悔するなら…』―言って後悔するなら言わない方がいいー

体調が悪いなんて…もう…絶対に言わない。…

大樹の家生活支援室

パッソ ア パッソ

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP