福祉・医療

聴覚障碍者向けの就労移行支援事業所がある

 

 聴覚障碍についてどのようなイメージをお持ちですか。筆者は全く耳の聞こえない人を指すと思っていました。

 

 日本では両耳で70㏈もしくは患側耳(聞こえない方)90dB以上かつ健側耳(聞こえる方)50dB以上だと身体障碍者手帳を交付されます。日本では24万人程度が聴覚障碍によって、身体障碍者手帳を取得しているようです。総人口の5000人に1人くらいが、聴覚障害で身体障碍手帳を取得している計算になります。

 

 70㏈というのは大声で話してようやく耳に届くレベルです。普通の人ならうるさいと感じる音を、かろうじて認知できる状態といえばよいでしょうか。日常生活においては、ほとんど何も聞こえていないとみなしてよいでしょう。

 

 手帳の級数は2~6級(特例で1級を取得可)とあり、級数が小さくなるほど重度ということになります。2級になると、耳元の叫び声をかろうじて聞き分けられるレベルとなります。

 

 聴覚障碍者を対象とした、就労移行支援事業所を発見しました。精神障碍、知的障碍、発達障碍、身体障碍などの支援機関はたくさんあるものの、聴覚障碍者に的を絞った支援事業所はほとんどありません。

 

 聴覚障碍を持っていても就労したいと思っている人のために、聴覚障碍者向けの支援を行っている事業所を下記に記します。(他にもあるかもしれません)通所を検討している方は、ぜひ通ってみてはいかがでしょうか。

 

聴覚障害者自立支援センターRONAスクール(東京都渋谷区)

*ホームページによると、レクリエーション活動にも力を入れているようです。(就労移行であるのかどうかは不明)聴覚障碍者のために、手話の練習を行っているのを確認しました。もっと知りたい方はホームページを検索してみましょう。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 障碍者施設は、能力の低い利用者を優遇するシステムを採用
  2. 障碍者福祉における支援者側の課題
  3. メンタルヘルスを対象とした事業所の紹介(沖縄県)
  4. 精神科のケースワーカーで感じた、利点と限界
  5. A型、B型作業所から一般就労しようと思う利用者が取る行動
  6. 松本俊彦『薬物依存症』(ちくま新書):ケアを考えるシリーズ4作目…
  7. 鍼治療を受けてみた感想
  8. 障碍者の叫び

おすすめ記事

西河原コミュニティキャンパス

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう就労の機会を提供するとともに生産活動その他…

地域活動支援センター こころの里

就労継続支援B型事業所あしあと

1)利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して、就労の機会を提供する…

利用者と支援者の距離感【障碍者編】

 利用者が支援者に分かってもらえないと口にするのは、求めすぎている基準が高すぎるから…

ワークハウスはちまん

一人ひとりの自主性を大切にし「個性豊かにのびのびと」生活できるように支援します。 地域の中で「生きが…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP