福祉・医療

勤務中の全面禁煙を取り入れてみてはいかがだろうか

 

 障害者施設にて飲酒治療を行うという事業所がある。アルコールを完全に断つことで、社会生活の改善を狙いとしている。

 

 従業員の健康を守るために、社内における全面禁煙を取り入れてみてはいかがだろうか。煙草を吸っている人からすれば言語道断だと思うけど、非喫煙者からすればこれほどありがたいものはない。

 

 飲酒は原則として飲んだ人の体にしか影響を及ぼさないのに対し、煙草は副流煙によって周囲の身体にも害を及ぼす(吐き出された煙のほうが有害というのは一般的)。呼吸をするにしても、吸っていない人の何杯も臭くなるために迷惑極まりない。ニコチン中毒によるメンタル的なストレスをとなるなど、百害あって一利なしのような状態だ。(税金を増やせるというのは唯一無二のメリットだけど、総合的な観点からいえばマイナスとなる)

 

 社員の健康は会社にとって何よりの財産となりうる。煙草に対して全面的に、「NO」をつきつけられる社会でありたい。一年後、二年後は無理だとしても、一〇年後、二〇年後には完全になくなっているといいな。 

 

*タバコ禁止を明記する会社が増えていくことで、喫煙率は下がっていくと思われます。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. タクシーが車椅子利用者を乗車拒否
  2. ハローワークに配置されたサポーターの是非
  3. 障碍者にとってのテレワークの良さ
  4. 就労継続支援A型事業所で働くことについて
  5. 仕事能力は高いけど接しにくい同僚
  6. 奇抜な発想が役立つ職業もある
  7. 痴漢を依存症と見立てて、治療するための病院がある
  8. 障碍者同士であっても、分かり合えないことは多い

おすすめ記事

就労継続支援B型事業所 チューリップの里

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、障害者自立支援法施行規則第22…

うちなだ福祉作業所 

【事業の目的】 第1条 この規程は社会福祉法人うちなだの里が開設するうちなだ福祉作業所が行う障害者の…

第2ポピーの家

りあらいず和 相談支援センター 

利用者等の心身の特性を踏まえ能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう配慮する。また、利用者の…

サン

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供するとと…

新着記事

PAGE TOP