福祉・医療

勤務中の全面禁煙を取り入れてみてはいかがだろうか

 

 障害者施設にて飲酒治療を行うという事業所がある。アルコールを完全に断つことで、社会生活の改善を狙いとしている。

 

 従業員の健康を守るために、社内における全面禁煙を取り入れてみてはいかがだろうか。煙草を吸っている人からすれば言語道断だと思うけど、非喫煙者からすればこれほどありがたいものはない。

 

 飲酒は原則として飲んだ人の体にしか影響を及ぼさないのに対し、煙草は副流煙によって周囲の身体にも害を及ぼす(吐き出された煙のほうが有害というのは一般的)。呼吸をするにしても、吸っていない人の何杯も臭くなるために迷惑極まりない。ニコチン中毒によるメンタル的なストレスをとなるなど、百害あって一利なしのような状態だ。(税金を増やせるというのは唯一無二のメリットだけど、総合的な観点からいえばマイナスとなる)

 

 社員の健康は会社にとって何よりの財産となりうる。煙草に対して全面的に、「NO」をつきつけられる社会でありたい。一年後、二年後は無理だとしても、一〇年後、二〇年後には完全になくなっているといいな。 

 

*タバコ禁止を明記する会社が増えていくことで、喫煙率は下がっていくと思われます。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 惹きつけられる魅力
  2. A型作業所、B型作業所、就労移行支援にすぐに通所できるようにして…
  3. 障碍者、健常者は信頼し合えるのか
  4. どの時代も、いじめはなくならない
  5. 盲(視覚障碍)・聾(聴覚障碍)者のためのA型作業所の紹介
  6. 医者が受けない『バリウム胃がんX線検査』 – それで…
  7. 就労移行を利用してから、どれくらいで就職できるのかを表示している…
  8. 障碍者支援は「営業事務職」の側面が強い

おすすめ記事

NPO法人夢ハウス

障害者総合福祉法に基づき、忠実かつ厳正なサービスを行う。理念:自立・共生・融和…

就労支援施設チャレンジドオオムラ

関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った適正且つきめの細かな就労継続支援(A型)のサービスを提…

就労支援センターさくら

①共に助け合い、共に成長出来る環境を作りあげること。 人に関心を持ち、笑い、わくわく、嬉しい、楽しい…

ステップ・ワン 

共に働き、共に笑い、共にいきるを基本に、就労継続支援の質の向上 工賃向上に取り込んでいる。利用者の特…

カフェ&ギャラリーゆい

1.事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するととも…

新着記事

PAGE TOP