福祉・医療

A型作業所、B型作業所の就職率と今後

 

 A型作業所、B型作業所はどれくらいの人数の利用者を就職させているのか、そのデータは厚生労働省より発表されています。

 

 A型作業所の55.5パーセント、B型作業所の76.6パーセントは就職者を出していません。A型作業所の9分の5、B型作業所の4分の3は一人も一般就労していない実態があります。

 

 就職実績のある事業所についても、1年で1人が圧倒的に多くなっています。5人以上の就職実績を出している事業所はA型では2.8パーセント、B型では0.4パーセントとなっています。利用者の能力による部分も否定できないものの、作業所の就職への意識の低さもあるのではないでしょうか。

 

 厚生労働省では就職率を高めるために、月に2日以上の施設内労働評価、70パーセント未満とされている施設外の人数の変更を視野に入れているようです。一般への就労率を高めると同時に、利用者の生産力を高めようとしているのを見て取れます(A型作業所においては、一定以上の能力を持たないものの追い出しにかかっている一面もある)。

 

 A型作業所では65歳以上の定年の撤廃も検討されているようです。障碍者が労働の場を得られるよう、年齢に区切りを付けない方向で話は進んでいくかもしれません。

 

 他にも変更点は色々と検討されています。5年後、10年後は全く違った場所になっている可能性は否定できません。

 

https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12201000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu-Kikakuka/0000182985.pdf

©就労系サービス共通の報酬・基準について – 厚生労働省

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 職場の環境によって、社員の命運を左右する
  2. 発達障碍は社会全体から嫌われるわけではない
  3. 豊富なプログラムを組んでいる、就労移行支援事業所(工賃も支給)
  4. いじめ保険とは?
  5. 発達障碍者向け恋愛サイトがある
  6. 依存症への精神科医の拒否感は強い
  7. パラリンピックに知的障碍者部門がないのは健常者を参加させたチーム…
  8. 初診のオンライン診察解禁(精神科のサイト付き)

おすすめ記事

香美町社会福祉協議会 障害者相談支援事業所

お客様の相談や意向等に基づき、障害福祉サービス等が適切に利用できるようサービスの種類、内容等の計画を…

パンジー

ドリームネット

ワークサポート白鳥の家

1.利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者の意向、適正、障害の特性その他…

地域生活支援センターみまさか

この事業所が実施する事業は、利用者又は保護者(以下「利用者等」という。)の意思及び人格を尊重し、常に…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP