福祉・医療

利用者一人一人と向きあえるように、定員をしぼる福祉事業所がある

 

 A型作業所、B型作業所、就労移行支援では、利用者の人数を増やせば増やすほど補助金を多くもらえる。それゆえ、人数をかき集めることに意識を向ける事業者は多く、定員上限まで利用者を受け入れる施設が多くを占める。

 

 利用者を集めて補助金集めをしようとする事業所が多い中、定員を絞って支援を行う福祉施設もあるようだ。ホームページのトップ画面には人数を少なくすることで、一人一人に手厚いサポートをできる体制を整えたいと記されていた。

 

 人数を増やせば補助金は増えるものの、一人一人の利用者と接する時間は削られる。手厚いサポートは難しくなり、形式的にどとまるようになる。筆者も定員ギリギリの就労移行支援を利用した経歴を持ち、一人一人に取れる時間の短さに不満をいだいたこともあった。

 

 障碍者施設を選択する際は、利用者のことをどれくらい考えているのかを基準にしたいところ。自分のサポートに手の回らないような事業所ではなく、相談しやすい環境に身を置こう。そうすることによって、就職率を高められるのではなかろうか。

 

*主役は支援者ではなくあなたです。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 障碍者枠で就労した後の体制を考える
  2. パソコンで写真の編集を行うB型作業所の紹介
  3. 松本俊彦『薬物依存症』(ちくま新書):ケアを考えるシリーズ4作目…
  4. 「自立支援医療」について
  5. A型作業所においては、まじめに仕事すると損をする
  6. 体育会系の人間は、支援員に向かないのではなかろうか。
  7. 障碍者はどのような分野に就職するのか
  8. 障碍者事業における理想と現実

おすすめ記事

あづま授産所

 利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう利用者の意思決定を可能な限り尊重し、当該…

リズム

株式会社ウォームブランケットの企業理念 「地域社会のライナスの毛布(ウォームブランケット)になる」 …

指定相談支援事業所愛仙

障害者総合支援法に基づく障がいのある方に、より質の高い福祉サービスを提供するにあたり、人格を尊重して…

デイハウスふたば折多

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、通常の事業所に雇用されることが困難である…

正月に餅を食べるようになったいきさつ

 正月には餅を食べた家庭も多いのではないでしょうか。どうしてそのようになったのかを簡…

新着記事

PAGE TOP