人生

思いやりのつもりが、相手にとっては押し付けとなる

 

 思いやりと押し付けは紙一重。基本的な概念としては相手がプラス(感謝している)に捉えれば思いやり、マイナスに捉えたら押し付けといえる。

 

 今回は押し付けになりやすい人間のパターンを以下に示す。

 

・人間から嫌われている(大前提がここにあるのではなかろうか)

・相手の意にそぐっていない(ありがた迷惑なことばかりをする)

・相手をおさえつける生き方をしてきた

・第三者を尊重していない

・上司、目上からの立場の人が行うこと(対等でないケースは高確率で発生する)

・一生懸命に動きすぎる

・相手が反論しないパターン

・感謝の言葉をいわれない

・相手が必要以上に気を配っているパターン

・感情に疎い(やり方が間違っている)

 

 押し付けは他者におおいなる苦痛を与えることになる。自分の振る舞いについてもう一度考える時間を取るようにしたいところ。自分にとっては思いやりであっても、相手が押し付けと思ったら労力を無駄にし、評価を落とすことになりかねない。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 「ありがとう」の精神は大切だ
  2. 人生は思い通りにいかない
  3. いじめ、パワハラが起きる理由
  4. ありのままでいいと思う
  5. 純粋な心をどこに置いてきてしまったのだろうか
  6. ジコチューで行こう!
  7. 人間を4つのパターンに分けて考える
  8. 障碍者にも希望はある

おすすめ記事

つむぎ

ワークスペース グリーンズ

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者を雇用して就労の機会…

障害者就労移行支援「勇気」

東青地区の障害者に対して障害者のための支援等に関する事業を行い、 地域社会福祉の向上に寄与することを…

パックしまね

事業目的が達成できるよう関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った適正且つ、きめの細かなサービス…

みい工房ピピ

就労の機会を提供し、働きながら就労に関する知識や能力の向上を目指す。…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP