人生

思いやりのつもりが、相手にとっては押し付けとなる

 

 思いやりと押し付けは紙一重。基本的な概念としては相手がプラス(感謝している)に捉えれば思いやり、マイナスに捉えたら押し付けといえる。

 

 今回は押し付けになりやすい人間のパターンを以下に示す。

 

・人間から嫌われている(大前提がここにあるのではなかろうか)

・相手の意にそぐっていない(ありがた迷惑なことばかりをする)

・相手をおさえつける生き方をしてきた

・第三者を尊重していない

・上司、目上からの立場の人が行うこと(対等でないケースは高確率で発生する)

・一生懸命に動きすぎる

・相手が反論しないパターン

・感謝の言葉をいわれない

・相手が必要以上に気を配っているパターン

・感情に疎い(やり方が間違っている)

 

 押し付けは他者におおいなる苦痛を与えることになる。自分の振る舞いについてもう一度考える時間を取るようにしたいところ。自分にとっては思いやりであっても、相手が押し付けと思ったら労力を無駄にし、評価を落とすことになりかねない。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 他人を不幸にした人間は、放置しておけばどん底に落ちる
  2. 先人の知恵に学んでいきたい
  3. 高校を退学する勇気
  4. 他人から評価されていない人間を識別する方法
  5. 働きアリの法則
  6. 男女の不倫あるある
  7. 他者本位のまなざしで接すれば・・・
  8. 真の一流に高校卒業は必要ないのか

おすすめ記事

夢の風とみや

・利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、生産活動その他の活動の機会の提供を通じ…

ふれあい工房 アルゴ

すべての障害者が地域で生きがいをもってくらせるように 就労定着支援 働く職場をとおして社会に貢献する…

ワークハウス くるみ

障害を持っている人達が、自立した日常生活または、社会生活を営むことができるよう就労の機会を提供すると…

鹿沼愛隣福祉センター

利用者主体・隣人愛の精神を土台として、共に支え合いながら、その人らしく生き、暮らし、働くことのできる…

怖い話『そこにあるもの』

小学生の頃、隣町の公園で遊んでいたときのこと。勢いよくブランコをこいでいると、目…

新着記事

PAGE TOP