レジャー

高校サッカーのスーパーシード制(地域別)

 

 高校サッカーでは地区予選を勝ち抜いた、48校(東京は2校)が全国大会に出場する。

 高校野球などではシード校は、2回戦(一部地域では3回戦から)の大会に参加する。試合数が少ない分、選手のコンディションを管理しやすい。(公式の試合勘がつかめていないために、初戦で敗退するチームも存在する)

 高校サッカーの地区予選においては、高校野球では到底考えられないようなシード校が存在する。所属チームの選手が日本代表に選ばれた場合、スーパーシードとして扱われる。(地区予選と代表選手の試合が重なるための措置)大半のチームが一回戦から登場(地区予選を勝ち抜かなければならない地域もある)なか、優遇されているといえる。 

 

2019年の各地のトーナメントは以下の通り

 

沖縄 2回戦から登場することチームはあるものの、スーパーシード校はない。

鹿児島 地区予選を勝ち抜いたチーム、推薦校で優勝を決める(スーパーシードはない)

宮崎 スーパーシードは設けられていない

熊本 3~4回戦から出場するチームがある。4回戦からのチームはかなり優遇されている。

長崎 3回戦から出場するチームがある。

福岡 東福岡が2次予選の準決勝から登場というスーパーシード。(決勝で敗北した)

佐賀 シード校は見当たらない

大分 シード制は特段設けられていない。

香川 実績によりシード扱いされる。(本戦2回戦からの登場)

徳島 シード校は2回戦からの登場となる。(決勝まで当たらない)

愛媛 実績により予選が免除されることがあり、シード校となる。(本戦の2回戦から)

高知 シード校は2回戦からの登場となっている。

岡山 シード校は4回戦から登場するチームもある。

広島 一次予選を免除されているチームがある。

鳥取 シード校は2回戦からの登場。

島根 シード制は採用されていない

山口 強豪校は1回戦免除。(ベスト4まで当たらない)

滋賀 2回戦から登場するチームがある。

京都 シード校は本戦の3回戦から登場

大阪 5回戦から登場するチームが複数ある

兵庫 条件を満たした16校は予選免除

奈良 シード制は採用されていない(強豪校同士が初戦で当たっていない可能性はある)

和歌山 2回戦から登場するシード校がある

静岡 プリンスリーグに参加するチームは予選免除。予選で3回戦から登場するチームあり。

愛知 実績などによって予選免除あり。(本戦2回戦からの登場)

岐阜 シード校は3回戦からの登場

三重 シード校は2回戦からの登場

新潟 シード校は3回戦からの登場

長野 シード校は2回戦からの登場

富山 シード校は2回戦からの登場

石川 シード校は2回戦からの登場

福井 丸岡高校がベスト8からの登場(他は1回戦から)

東京 実績などにより、2回戦から登場となっている。(2年後に方針転換される) 

茨木 Aシードは予選免除かつ本戦で3回戦から登場。Bシードも予選免除でシード校となる。 

栃木 総体予選の成績などで一次予選免除。(本戦で2回戦からの登場となることもある)

群馬 総体で優秀な成績を収めると、1次予選免除。(優秀なチームは本戦2回戦から登場)

埼玉 シード校は本戦の3回戦から登場するチームもある。(一次予選免除校は他にもある) 

千葉 市立船橋が本戦のベスト4からのスーパーシード。(予選免除)

神奈川 桐光学園がベスト4からのスーパーシード。(予選免除)

山梨 シード校は3回戦から登場

青森 青森山田が3回戦から登場

秋田 シード校は3回戦から登場

岩手 3回戦から登場する高校がある

山形 スーパーシードは設けられていない

宮城 シード校は予選免除かつ本戦の2回戦から登場

福島 尚志が予選免除かつ準々決勝から登場

北海道 過去の大会などで優秀な成績を収めると、予選が免除される

 

*実績のあるチームほど優遇されている傾向にある。東福岡はサッカーの名門なので、このような措置が取られたと思われる。市立船橋、桐光学園もベスト4からのスーパーシードとなっている。大阪なども強豪校は5回戦から登場など、優遇措置が取られる。

 一方で高校野球並みのシードにとどまる県もたくさんある。地域差が大きいのが実情だ。(スーパーシードの条件を満たしていない可能性がある)

 

 長崎県では国見高校が強かった時代、決勝戦から登場というトーナメントが組まれたことがある。(地元開催で長崎県が二つ出場でき、もう一つを平等に決めるために採用されたといわれる)どんなに強かったとしても、決勝戦からの登場は優遇しているといえる。(試合は5-0で国見が勝利しており、スーパーシードの面目を保った)負けていたら、一つの出場枠をどうして与えたのだと紛糾していたので、関係者は安堵しただろう。

 チームの強さによってスーパーシード制を導入する、皆さんは賛成、反対のどちらの意見をお持ちですか。

 

*内容が以前と一部被っています。予めご了承ください。

 

文章:陰と陽

 

 

関連記事

  1. 藤井聡太5冠がA級に昇級
  2. 選抜2021の明治神宮枠をどのように扱うのか
  3. 阿炎の処分はどれくらい厳しいのか
  4. 名人戦において、マスク不着用で反則負け
  5. 2020年の日本シリーズはソフトバンクの圧勝で幕を閉じた
  6. ナイキが新高速シューズ(アルファフライ)をデビューさせるかもしれ…
  7. 【欧州CL】Matchday 3 の見どころ
  8. 【サッカー】伝説の選手、ヤリ・リトマネン
PAGE TOP