人生

目に見える形で結果を出さないと評価されない

 

 目に見える形で、他人のためになることができればいいのに。地上にはそのような人間で溢れかえっている。

 好きな人(交際中も含む)のためにプレゼントをあげるとしよう。限られた予算内であれがいいかな、これがいいかなと一生懸命知恵を振り絞る。たった一つのプレゼントのために、莫大な時間を費やす。

 どんなに時間を割いたとしても、プレゼントを間違えると異性の評価に繋がらない。運が悪いと、好みが合わないといった理由で突き放される理由になりかねない。お金を消費して、他人から嫌われるなんて本末転倒だ。

 99パーセント以上の人間は予知能力を備えていない。どういうわけか、一番最悪な選択肢を歩んでいく(落ち着く)。そのようなことを続けていると、当然のように第三者からの評価はみるみる下がっていく。自分を悲劇の主人公のようにたとえる人が増えるのは必然の流れといえる。

 行動しないことが一番いいのかな、そのような猜疑心に陥りながら人生をまっとうする。目に見えないところで間違ってもいいから、目の前で評価に繋げたいと願う人は多いのではなかろうか。

 人生は試練の連続と呼ばれるのはこういうところにある。これを乗り越えれば、最高になるだけにどうにかしたいところ。わずか一つのことで、人生は天と地ほど変わる。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 一部の有力者によって多数の庶民が犠牲になる
  2. 日本人は他人に求めすぎる
  3. 生きていることが幸せ
  4. こんな部下がいる職場は嫌だ!!
  5. 他人から評価を得られやすくなる方法
  6. 人間は生きているだけで幸せ
  7. 日本人は答えがなければ動けない
  8. よさそうだけどよくないもの

おすすめ記事

大雪の園

大雪の園の職員は、①生命の尊重②個人の尊厳③人権の擁護④社会への参加⑤専門的支援の5つの柱を運営の基…

多機能型事業所あんず

総合支援法により、利用者の皆様の自立と社会経済活動への参加を促進するために通所による就労や生産活動の…

前進主義 ふくい

『君の背中…』―ずっと背中を追いかけていく―

いつも僕は…君の背中を…追いかけていた。…

ペンギン東台

・事業所は、利用者の意向、適正、障がいの特性その他の事情を踏まえた計画(個別支援計画)を作成し、これ…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP