コラム

ショートショート『室内に滴り落ちる水滴』

 

 雨が降っているわけでもないのに、天井から水滴がポツポツと落ちてきました。冬美は天井を見上げたあと、不可解現象に首をかしげました。

「室内なのに水滴が落ちてくるなんておかしいわ。どうかしたのかしら」

 水の粒は一定のリズムを刻みながら、ポツポツと落ちてきました。水滴は大きくなることもなければ、小さくなることもありませんでした。

 透明な雫は三分後も止まりません。冬美の脳裏に欠陥住宅が頭を過ぎります。一年前に購入したマンションは、悪徳業者によって作られたのかなと考えました。

「このままだと気味が悪いわね。修理業者に見てもらおうかしら」

 修理業者の4文字が引き金となったのか、水滴はピタリとやみます。その後は、一滴たりとも落ちてくることはありませんでした。

 冬美は空を見上げました。室内のはずなのに、どういうわけかができていました。真夏の正午に起こった現象は、大きな変化を予感させるものでした。三〇年後の地球はどうなっているのでしょうか。

 冬美は気づいていませんが、怪奇現象は天使の魔力によって起きていました。人間の反応を楽しむために、ちょっとしたイタズラで楽しんでいたみたいです。

 

文章:陰と陽

 

 

関連記事

  1. 短編小説『どうしようもない男に鉄槌を下す時がやってきた』
  2. ショートショート『夕食は鍋』
  3. 伊藤周平『社会保障入門』(ちくま新書):ケアを考えるシリーズ3作…
  4. ケネス・J. アロー『組織の限界』ちくま学芸文庫
  5. ショートショート『天才を採用した末路』
  6. 物語の一巻目を簡単に解説! 第一回【シャドーハウス】
  7. ショートショート『脳の器質的な損傷を改善する手術』
  8. 広井良則『持続可能な医療─超高齢化時代の科学・公共性・死生観』(…

おすすめ記事

ネクストリフレッシュ工場

沖縄観光スポット【ベスト5】③

沖縄を訪れた際、必ず行ってみて欲しい「観光スポット」をご紹介します。…

Create 803

1.障害者に対し生産活動の機会の提供その他の便宜を適切かつ効果的に行うものとする。 2.利用者の必要…

ワークサポート 敬仁会館

1 施設は、利用者の意思及び人格を尊重し、常にその者の立場に立って施設障害福祉サービス及び障害福祉サ…

相談支援事業所『あみーたⅡ』

この事業所が実施する事業は利用者がその有する能力及び適性に応じ、基本的人権を享有する個人としての尊厳…

新着記事

PAGE TOP