コラム

ショートショート『幸運をもたらす亡霊』

 

 孝雄の二つの瞳に、鎌を持っている透明女が現れた。アニメでよくみる亡霊さながらだった。

 孝雄が驚く間もなく、亡霊は二つの目を光らせた。

「お前に不幸になるおまじないをしてやろう」

 亡霊は透明の巨大鎌をこちらに向けて振り下ろす。孝雄はかわそうとするも、お腹の回りを直撃した。

 実物でないだけあって、痛みを感じることはなかった。事実、一ミリたりとも出血していない。

 亡霊は任務を果たし、ニヤニヤとしていた。他人の不幸は蜜の味らしい。

「お前に災いが降りかかるだろう」

 どんな不幸なのかを聞く前に、亡霊は姿を消していた。実体がないだけあって、どこにいったのかわからなかった。

 家から一歩も出なければ、災いが降りかかることはない。亡霊の悪事をあざ笑うために、室内に閉じこもることにした。

 一時間経過、何も悪いことは起こらなかった。孝雄はさきほどの現象が幻だと思うようになった。

 外出するために、室内の扉を開ける。彼の家の前には、さきほどの亡霊が立っていた。

「おぬし、我の言葉を信じなかったのか。それならしょうがない。おまえにちょっとした不幸を授けることに・・・・・・」

 孝雄は一直線に駆け出していた。亡霊の言葉に聞く耳を持つ必要はない。

 数秒後、階段で躓いた。幸雄は地面に膝を打ちつけてしまった。その様子を見た亡霊が近づいてきた。

「あたしを信じていなかったみたいだな。不幸が降りかかるから忠告してやったというのに」

 亡霊が鎌を振り下ろすと、擦りむいたはずの皮膚が元通りになっていた。孝雄は力を持っていることを確信した。

「お前の一日の不幸はこれで終わりだ。思う存分、楽しんでくるといい」

 亡霊の加護に守られていたためか、人生で最高の一日を過ごすことができた。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 物語の一巻目を簡単に解説! 第九回【ひまわりさん】
  2. 物語の一巻目を簡単に解説! 第四回【Rosen Blood】
  3. 物語の一巻目を簡単に解説! 第八回【とけだせ! みぞれちゃん】
  4. 物語の一巻目を簡単に解説! 第七回【あつまれ!ふしぎ研究部】
  5. 胸に刻みたい言葉1
  6. ショートショート『脳の器質的な損傷を改善する手術』
  7. 二重基準を伴った「負債」が招き寄せるもの
  8. ショートショート『幸せな家庭が続くといいな(女神の祝福)』

おすすめ記事

多機能型障害福祉サービス事業所つながり

名神あけぼの園(第1)

・利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供するとと…

国分寺作業所

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供すると共…

怖い話『スリッパ』

アパートの3階に住んでいる友人の話。自宅に帰ってくるとスリッパが…

大浜工房

①利用者の障害状態に配慮しつつ、利用者満足度を高めるよう支援内容の充実と向上を図る。 ②生産活動に伴…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP