コラム

ショートショート『幸運をもたらす亡霊』

 

 孝雄の二つの瞳に、鎌を持っている透明女が現れた。アニメでよくみる亡霊さながらだった。

 孝雄が驚く間もなく、亡霊は二つの目を光らせた。

「お前に不幸になるおまじないをしてやろう」

 亡霊は透明の巨大鎌をこちらに向けて振り下ろす。孝雄はかわそうとするも、お腹の回りを直撃した。

 実物でないだけあって、痛みを感じることはなかった。事実、一ミリたりとも出血していない。

 亡霊は任務を果たし、ニヤニヤとしていた。他人の不幸は蜜の味らしい。

「お前に災いが降りかかるだろう」

 どんな不幸なのかを聞く前に、亡霊は姿を消していた。実体がないだけあって、どこにいったのかわからなかった。

 家から一歩も出なければ、災いが降りかかることはない。亡霊の悪事をあざ笑うために、室内に閉じこもることにした。

 一時間経過、何も悪いことは起こらなかった。孝雄はさきほどの現象が幻だと思うようになった。

 外出するために、室内の扉を開ける。彼の家の前には、さきほどの亡霊が立っていた。

「おぬし、我の言葉を信じなかったのか。それならしょうがない。おまえにちょっとした不幸を授けることに・・・・・・」

 孝雄は一直線に駆け出していた。亡霊の言葉に聞く耳を持つ必要はない。

 数秒後、階段で躓いた。幸雄は地面に膝を打ちつけてしまった。その様子を見た亡霊が近づいてきた。

「あたしを信じていなかったみたいだな。不幸が降りかかるから忠告してやったというのに」

 亡霊が鎌を振り下ろすと、擦りむいたはずの皮膚が元通りになっていた。孝雄は力を持っていることを確信した。

「お前の一日の不幸はこれで終わりだ。思う存分、楽しんでくるといい」

 亡霊の加護に守られていたためか、人生で最高の一日を過ごすことができた。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 物語の一巻目を簡単に解説! 第三回【ストライクウィッチーズ 50…
  2. ケネス・J. アロー『組織の限界』ちくま学芸文庫
  3. 「9月になっても暑い」
  4. 物語の一巻目を簡単に解説! 第七回【あつまれ!ふしぎ研究部】
  5. 『まんがタイムきららフォワード』を読み続けて思うこと
  6. ショートショート『障碍者の闇』
  7. 物語の一巻目を簡単に解説! 第一回【シャドーハウス】
  8. ショートショート『空から偽札が舞い降りてきたら』

おすすめ記事

相談支援センター こみっと

居宅において単身等で生活する障がい者が、それぞれの地域で日常生活又は社会生活を営む上で、常時連絡でき…

コンサフォス

事業所は、利用者が自立した日常生活及び社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供…

倉敷夢工房2号店

多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫することにより、利用者が…

すみれ工房

地域社会に根ざした障害者の社会参加を促し、経済的自立に向けた就労支援を行う。…

日陽

事業所は、利用者等がその有する能力及び適正に応じ、自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう…

新着記事

PAGE TOP