福祉・医療

自分のやり方を模索してみよう【障碍者編】

 

 広汎性発達障碍者の仕事が長続きしないのは、一般人の方法を真似するのは難しいから。障碍者と健常者は根本的に脳の性質が異なる。多数派のルールになじめないまま、会社を去るケースも考えられる。

 アンバランスな脳を所持しているゆえに、一般人と同じことをするだけで疲労をためてしまいがち。彼らはミスをしないために、莫大な精神力を消耗している。同じ土台に乗る前に、魂を吸いつくされているのが現状なのである。

 能力的に劣っている場合は、無理をしようとする傾向がある。迷惑をかけたくないというより、居場所を失いたくないという心理が作用する。こちらについても、無難にこなせる健常者にはわからない領域といえる。

 広汎性発達障碍を抱えている人間がうまくいきやすいのは、クリエイティブ、プログラマーなどといった職業かな。健常者にはない発想力、集中力を持っているため、そちらの分野では力を発揮しやすくなる。

 文章力、心理理解の双方にたけているのであれば、小説家を目指してみると面白い。一つのことに打ち込む力を生かすことで、莫大な富を生み出せる可能性がある。

 ゲームの開発などもプラスに働くのではなかろうか。ミリオンセラーとなるソフトを開発することもありえる。

 障碍者には健常者にはない可能性をもっている。一般社会でうまくいかないのであれば、そちらにかけてみるのも面白い。一般社会の中で評価されなかったからといっても、悲観する必要性はどこにもない。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. いじめは障碍者の継続年数に影響を及ぼすのか
  2. 伊藤周平『社会保障入門』(ちくま新書):ケアを考えるシリーズ3作…
  3. 就労移行の就職率は充分といえるのか?
  4. 結果主義は障碍者にとって生きにくい
  5. 社会は多数派のためにある
  6. A型作業所にて施設外で勤務する障碍者は一般でやっていけるのではな…
  7. 障碍者支援の支援員は選べるようにしてほしい
  8. 障碍者へのアンケートを行っている市もある

おすすめ記事

冬に使用する暖房器具の特徴

 部屋を暖める方法として電気ストーブ、エアコン、石油ストーブの3種類が用いられます。…

コミナスBe

P.P.P.オールスターズ!福田

労働障がい者のレッテルを取り払い貢献価値を生み出す。…

障害者就労・自立支援センター たんぽぽ

私達は、全ての人が、1人の人間としてお互いに対等に生きていける社会の実現の為に、利用者の自立と社会経…

NPO法人夢桜ホーム

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP