福祉・医療

感謝の気持ちを持とう【障碍編】

 

 障碍者として生きていると、色々と辛いことに見舞われる。能力不足による一般枠での早期解雇、後継者から外される、いじめ(差別)は一般人では滅多に起こりえない。

 壮絶すぎる人生に希望を失うこともある。ときには「どうして生きているのかな」と自分に問いかけたりもする。

 障碍者の人生はマイナスの側面が強調されるものの、プラスの部分がゼロではないことを忘れないようにしたい。第三者の力を借りているからこそ、生きているのは紛れもない事実だ。

 自立するための収入を得ている障碍者は少ない。必然的に家族もしくは役所(生活保護)の世話を受けている。生活保護については、一般人が納めた税金で賄われる。住まい、食べ物を提供している人に「ありがとう」の想いを伝えられるようになるといいな。

 相手が妥協してくれているからこそ、話し相手を見つけられているのも事実。孤独にならないように、気を配ってくれている人たちに感謝の念を持つようにしよう。

  障碍者の失敗の尻拭いも行っている。そこのところも忘れないようにしたい。

 悪いことばかりが起きるわけではない。そのことを頭の片隅にとどめておくと、人生はちょっとはいいものに感じられるかもしれない。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 障碍者事業における理想と現実
  2. 社会は多数派のためにある
  3. 平均給料の推移から垣間見えるA型作業所の課題 
  4. 障碍者が一般会社で働く難しさ4
  5. 自殺者数が減少傾向にある
  6. 第三者のために力を尽くしても認められない
  7. 三環系抗うつ薬
  8. バリアフリー法の改正(今後の課題)

おすすめ記事

就労支援事業所豆の樹

この事業所が実施する事業は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対し…

プロ野球で起こった20年ぶりの珍事

  プロ野球において20年ぶりの珍事があった。 デーゲームの一試合が、ナイター用…

アリエッタ

働く意欲のある方々を支援する事業所…

あさご ふれ愛の郷 あさひ

利用者が自立した日常生活または社会生活が営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに生産活動そ…

相談室コモド

新着記事

PAGE TOP