コラム

「職場の一日」

 

 昼食を食べると眠気が襲ってくる。

 

 寝たい、眠たい、横になりたい。

 

 仕事の休憩時間が終わりを告げようとしている。あと五分、あと五分でいいから待ってくれないかな。

 

 勤務まで残り一分に迫った。眠気をちょっとだけ吹き飛ばしてから、デスクに向かう。もうちょっと休憩していたいと思っても、時は待ってくれない。

 

 眠気と闘いながら、昼からの仕事に取りかかる。睡魔に襲われて眠い、眠い、眠いよ。

 

 残り五時間をどのように乗り切ろうかな。本日の終わりはまだまだ遠い。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 危険や罠の分類について
  2. 必要なお金とは?
  3. 中島義道『ウソつきの構造 法と道徳のあいだ』角川新書
  4. ショートショート『パワハラ、セクハラ問題に真摯に取り組んだ結果』…
  5. ノンフィクション作品の魅力
  6. ジェラートピケって知ってる?ときかれたときの男性の反応
  7. 「ふつう」と「ダイバーシティ(多様性)」
  8. 映画『メイド・イン・ヘブン』をご紹介

おすすめ記事

コンフォートスペース

当事業所は、利用者が自立したん地上生活又は社会生活を営むことができるよう障害者の日常生活及び社会生活…

れいんぼぅ かんぱに

一般就労が困難である利用者にたいし自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提…

ジョブライフ万葉 

1 利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに通所によ…

サポートセンターこころぴあ

利用者が有する能力及び適正に応じ、自立した日常生活又は社会生活を営むことができるように配慮し、地域福…

太田ひまわり

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、障害者総合福祉法等に規定する者に対して就…

新着記事

PAGE TOP