福祉・医療

障碍者の恋愛事情

 

 障碍者は好きな異性ができたとしても、アクションをあまり起こさない。積極的に親しくしようとしていた異性が当事者であった場合、疑ってみるのも一考の余地がある。

 障碍者の交際率は20パーセントといわれている。一般人からするとかなり低いといえる。

 交際をためらう理由として挙げられるのは、障碍者だと知られたときの反応が怖いから。障碍者手帳を持っていると知られた瞬間に、そっぽ向かれる確率は決して低くない。日本では障碍者に対する偏見意識が根強く残っている。

 交際後のことも考えてしまう。最初は良い印象を与えていたとしても、交際していくうちに化けの皮が一枚ずつ剥がれていく。最終的にそっぽを向かれることも考えられる。相性のいい異性以外は交際しないことが望まれる。

 障碍者にとって生きやすい社会が構築される、そうなれば異性と積極的に交際するようになるかもしれない。当事者はそのことを切に願っている。

 

文章:陰と陽

 

 

関連記事

  1. 障碍の種類によっては、障碍者枠であっても応募できない
  2. リーゼ(精神安定剤)の効果
  3. 23年間、精神科に入院した男性が就職
  4. 障碍者支援で当事者がよくなる確率はかなり低い
  5. 障碍者が一般会社で働く難しさ1
  6. ハローワークに配置されたサポーターの是非
  7. 地元の名産品を使用したA型作業所の紹介
  8. 事業所ごとの就職人数の掲載を義務化してほしい

おすすめ記事

うばめ園

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、…

障害者支援センター いずみ園野田分場

多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫することにより、利用者が…

フロンティアリンク 名古屋キャリアセンター

就労移行支援の事業は、利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、障害者の日常生活…

PPC

株式会社グリーンスマイル

関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った適正且つきめの 細かな就労移行支援のサービスの提供をし…

新着記事

PAGE TOP