時事問題

市町村合併と「学校の閉鎖」の関連性

 

  近年、地方における市町村名の合併、学校の閉鎖が増えている。

 

 市町村が合併することで、元々の市町村名が変更される。居住地を構えている者にとっては、事務作業を黙々と進めるかのように、変えられてしまうのは悲しいものがある。元々の町名に誇りを持っている住人は、新しい市町村名をなかなかに受け入れがたい。

 

 通学する生徒の減少による学校の閉鎖も目立つ。強制的に新学校に通うことになった児童、生徒はどのような思いを持つのだろうか。慣れない環境に適応する現実と向き合っていけるのか。

 

 元々の母校への愛着が強い場合、新しい学校への通学をすぐに受け入れられない子供も一定数現われる。学校の閉鎖は、一生に大きな影響をもたらすこともありうる。

 

 学校が閉鎖した場合、自宅から新学校までの距離が遠くなるケースがほとんど。保護者にとっても負担増となる。我が子が卒業するまで、学校の存続を願う保護者は多い。

 

 母校が閉鎖することで、通っていた学校に愛着を持っていた大人を、ぽっかりと穴が開いたような寂しさで包んでいく。卒業した高校がなくなることに、やりきれない思いがこみあげてくる。

 

 大人の都合で市町村の統合はこれからも増えていく。住んでいる人に対するサポートは欠かせない。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 【海外ニュースウォッチ】コングロマリットのゆくえ【第一回】
  2. 【海外ニュースウォッチ】木造高層ビルという新たなトレンド【第十一…
  3. ナイキが新高速シューズ(アルファフライ)をデビューさせるかもしれ…
  4. 最近増えてきている「カスハラ」とは?
  5. 教師の採用方法を変えた方がいい
  6. 十両は厳しい場所になりそうだ
  7. 有名人のマナー違反は、一般人より騒がれる
  8. 京阪電車は2021年秋に減便する可能性がある

おすすめ記事

くろすびぃ

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動…

多機能型施設あごら

日常的なグループ活動の中で、基本的な生活習慣を身につけ、自立した生活を営む上で必要な支援を行うことに…

だいとう作業所

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供すると共に、生産活動その…

くいーるジョナサン

1 利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、障害者の通所による就労の機会を提供す…

障がい者相談支援センターパラム

新着記事

PAGE TOP