エンタメ

ガンプラについているブランド解説!

 

お待たせしました!

前回の『ガンプラ解説!(初心者必見)』という記事は、見ていただけました?

 

さて…前回の終盤に予告していた「ガンプラのブランド」について、今回は、書いていきたいと思います。

 

それでは…早速行ってみよう!!

 

 

ガンプラのグレード(ブランド)って何?

 

ガンプラが入っている箱の所に、「HG」・「MG」・「PG」…英語表記がされていることはご存知でしたか?

 

英語表記がそれぞれのグレードと言います。

グレードとは、いわゆるガンプラのブランドのようなものです。

ブランドよってそのスケールやコンセプトが違いますし、何といっても、パーツの量が違います。

グレード(ブランド)が上がれば上がるほど、完成度が変わって来ます。

なので…自分に合ったガンプラを探して作るのがいいと、筆者は思います。

 

グレードは、何種類あるの?

 

HG(ハイグレード1/144)

1/144スケールで、ガンプラのスタンダードと呼ばれるブランドです。商品のラインナップ最も豊富なので好きな機体が見つかるはずです。

 

https://bandai-hobby.net/brand/hg/

©HG[ハイグレード]|ガンプラ|バンダイ ホビーサイト

 

HGUC(ハイグレード・ユニバーサルセンチュリー)

ハイグレード・ユニバーサルセンチュリー はアニメ『機動戦士ガンダム』シリーズのうち、宇宙世紀を舞台とした作品に登場するモビルスーツ を1/144サイズで再現したバンダイが発売するプラモデルシリーズです。

https://bandai-hobby.net/item_all/?sword=%EF%BC%A8%EF%BC%A7%EF%BC%B5%EF%BC%A3#bhs_search_result

©全商品一覧|バンダイ ホビーサイト

 

RG(リアルグレード1/144)

本物であることを追求し、緻密なパーツ構成や質感表現を実現。モビルスーツを作る楽しみと興奮を1/144スケール凝縮したブランドです。

https://bandai-hobby.net/brand/rg/

©RG[リアルグレード]|ガンプラ|バンダイ ホビーサイト

 

MG(マスターグレード1/100)

精巧な内部フレームを核として、ベストプロポーションと自由自在な可動ギミック求。止まらないガンプラの進化を体現するブランドです。

https://bandai-hobby.net/brand/mg/

©MG [マスターグレード]|ガンプラ|バンダイ ホビーサイト

 

MGVer.Ka(マスターグレードバージョンカトキ)

デザイナーカトキ・ハジメ氏がプロデュースするマスターグレードブランドです。

https://bandai-hobby.net/brand/mgka/

©MG Ver.Ka[マスターグレード バージョンカトキ]|ガンプラ|バンダイ ホビーサイト

 

RE/100(リボーンワンハンドレッド1/100)

MGと同サイズの1/100スケールながら、洗練されたパーツ設計で組み立てやすさと圧倒的な迫力を両立するブランドです。

https://bandai-hobby.net/brand/re100/

©RE/100[リボーンワンハンドレッド]|ガンプラ|バンダイ ホビーサイト

 

PG(パーフェクトグレード1/60)

最新の技術を搭載し、内部構造にも外観の造形にも一切の妥協を許さない。ガンプラの究極の姿を具現化する最高峰ブランドです。

https://bandai-hobby.net/brand/pg/

©PG[パーフェクトグレード]|ガンプラ|バンダイ ホビーサイト

 

HiRM(ハイレゾリューションモデル)

劇中の機体設定を「素材の組み合わせ」と「デザインアレンジ」でハイレゾリューション高解像度化するブランドです。

https://bandai-hobby.net/brand/hirm/

©Hi-Resolution Model[ハイレゾリューションモデル]|ガンプラ|バンダイ ホビーサイト

 

SDガンダムBB戦士

デフォルメされたその姿は、可愛さとカッコよさを合わせ持つ手頃な値段ながら、合体や可動ギミックも楽しいブランドです。

https://bandai-hobby.net/brand/bb/

©SDガンダムBB戦士|ガンプラ|バンダイ ホビーサイト

 

MEGA(メガサイズモデル)

1/48スケールのメガサイズモデルです!

一つ一つのパーツも大きいので、かつてないほど組み立てやすい。

ガンプラを初めて体験する方から上級者まで楽しんで作り上げることが出来るブランドです。

 

たくさんの種類があり、今はもう販売されてないものもあります。

上から書いた順に、パーツも多くなり難しくなります。

初めは、HGから始め徐々に上げていくのがいいと思います。

でも…最終決めるのは、自分だと思うので「やりたい」「作って見たい」と思ったものを買うのもありですね。その方が楽しく作れると思います。

 

今回は、グレード(ブランド)書いたので、長くなりましたが…

参考にしてもらえたら幸いです。

 

さて…次回は、完成したガンプラをもっとかっこよくするパーツを紹介します。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

文章:Dos diosas

関連記事

ガンプラ解説!(初心者必見)

・ガンプラについているブランド解説!

関連記事

  1. 笑点の5代目、6代目、7代目の司会者の比較
  2. 自粛期間中でも選べる母の日ギフト!
  3. 仕事のヒントになるサイト
  4. ちばあきおさんなら、『プレイボール』の続編をどのように書いたのか…
  5. オリンピックの野球出場選手が発表
  6. ちびまる子ちゃんのナレーション役が降板
  7. マクドナルドのハッピーセットに『鬼滅の刃』が登場!
  8. 劇場版アニメ『鹿の王 ユナと約束の旅』の紹介

おすすめ記事

特定非営利活動法人京都ひらぎのワークスTAO

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労継続支援B型計画に基づき、…

FAワークス 葵事業所 

サポートセンターあさひ

・利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供するとと…

パーラー山と田んぼ

障害があってもなくても働きたくような職種で就労支援をおこないます。ご本人の自己決定を大切にします。取…

チャレンジドサポート そら

新着記事

PAGE TOP