福祉・医療

  1. 社会的弱者をコロナウイルスの脅威から守ろう

     千葉の障碍者施設でコロナウイルスの集団感染があった。対象者は福祉施設の職員、利用している障碍者とその家族。感染者数は100人を超える勢いで、留まるところを知らない。最終的には感染者が200人に達する可能性も充分にある。…

  2. 支援者から虐待されていると思う利用者は多い

      yahoo知恵袋の質問サイトにおいて、支援者からいじめに遭ったと感じている利用者…

  3. 採用面接官が障碍者を不採用にする理由

     障碍者枠で人事担当をした人間の本音がインターネットで書かれています。一部を上げてい…

  4. 精神科の初診時にすること

     精神科に行こうと思ったら、まずネットで通院出来る距離の精神科のある総合病院を検索し…

  5. 健常者と障碍者はlose-loseの関係になりやすい

     人間の関係はwin-winであるのがベスト。ただ、健常者、障碍者間はそのようになら…

  6. 職場で様々な課題と直面する発達障碍者へのアドバイス

  7. 精神科の選び方

  8. 仕事のヒントになるサイト

  9. 勉強をゲーム感覚で行える発達障碍が真の一流となる

  10. 発達障碍は精神障碍2級の要素が強いように思う

  11. オートファジーシステム(16時間断食)が注目されている

  12. 発達障碍に向く仕事、向かない仕事

  13. 障碍者枠は週に30時間以上働くことが求められる.

  14. 障碍者の一部は職場に居場所を確保するので一杯一杯

  15. 障碍者、健常者は信頼し合えるのか

  16. 障碍者施設は利用者の理不尽に耐えるのが仕事

  17. パラリンピックに知的障碍者部門がないのは健常者を参加させたチームがあったから

  18. 健常者は障碍者にベターを目指せといいながら、やっていることは全く違う

  19. 障碍者にとって健常者はクラッシャーみたいなもの

  20. 障碍者はいじめに遭いやすい

  21. 障碍者は見えないところでお世話になり、見える形で被害を被る

  22. いじめは障碍者の継続年数に影響を及ぼすのか

  23. 高次脳障碍がつきにくい仕事

  24. A型で在宅勤務を取り入れている作業所もある

  25. 高齢者の就職支援を静岡県で行っている

  26. 知的障碍の生きにくさ

  27. 障碍者同士が尊重し合うのは困難を伴う

  28. 障碍者へのアンケートを行っている市もある

  29. 支援者(健常者)は利用者(障碍者)に無理を強いることが多い

  30. A型作業所にて施設外で勤務する障碍者は一般でやっていけるのではなかろうか

  31. 発達障碍は適性がはっきりしている

  32. 発達障碍が働く難しさ

  33. 障碍者は社会で居場所がない

  34. 就労移行で聞いておきたい質問

  35. 時代の変化が発達障碍者の仕事を奪った

おすすめ記事

障がい者就労支援事業所 のぞみの里

家庭との密接な連携の中で、通勤による就労支援事業への参加を定着させる。 福祉的就労への参加により勤労…

障害福祉サービス事業所 しろはと工房

の−らプラス

事業所の従業者は、利用者が地域において共同して自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当…

就労継続支援B型事業所 ぽっかぽか

関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った適正な且つきめの細かな就労継続支援(B型)のサービスを…

障害福祉サービス事業所 グリーンファーム

誰もが健やかで、生きていく喜びを実感できる社会を目指し、個々のニーズに合った福祉サービスの実践を行う…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP