プロジェクト

『あまうめ城っぷ』が読売新聞-地域【阪神版】の紙面で紹介されました。

『あまうめ城っぷ』が読売新聞-地域【阪神版】の紙面で紹介されました。

 

紙面上では、記事のタイトルが『農福連携 梅シロップ誕生』となり、事業者(製造元、販売者)と尼崎市が協働した「農福連携事業」の一環として、あまうめ城っぷプロジェクトの誕生秘話を紹介してくださっています。

 

また、中見出しには「尼崎の事業所利用者 農業公園で実収穫、商品化」と記され、収穫時の様子と実際の商品(地域普及版)が写真付きで紹介されていました。

 

その他にも、シロップの味に関することやラベルデザインに特徴があることなど、多岐にわたった活動を簡潔に書き上げてくださっていました。

 

実際の紙面は著作権の関係で掲載できませんので、記事の雰囲気のみをお伝えするに留めました。

ぜひ、8月18日付けの読売新聞をご覧くださいまし。

 

皆さまの暖かいお心添えを支えに、地元で採取した「あまうめ城っぷ」として、地域活性化と地域貢献をしていきたく、これからも何卒よろしくお願いします。

 

*商品は、数に限りがございます。お早めにご用命ください。

 

オンラインでの『あまうめ城っぶ』の注文も受け付けております。(以下をクリックしてください)

   ↓

BASE(ベイス):【amaume】

 


 

関連記事

関連記事

  1. 8/2付け尼崎市プレスリリースで「あまうめ城っぷ」が紹介されまし…
  2. あまがさき観光案内所にてあまうめ城っぷの販売が始まりました!
  3. 「尼うぇるフェア」の即売会に参加しました
  4. 8/26付け、毎日新聞【地方版(阪神)】に『あまうめ城っぷ』の取…
  5. 『あまうめ城っぷ』が令和4年度「尼みやげ」認証商品に選ばれました…
  6. ケーブルテレビ【 Bay communications (ベイコ…
  7. 梅ポリフェノールが新型コロナに対して阻害作用を持つ
  8. 【梅シロップ活用レシピ】簡単手料理3選!

おすすめ記事

就労支援センター心境 

指定就労継続支援B型の事業所において、適正な運営を確保するために人員及び管理運営に関する事項を定め、…

障害福祉サービス事業所れもん会社

就労や生産活動の機会を提供するとともに、就労に必要な知識・技術が高まった者は、一般就労等に向けて支援…

『共有できたら…』―どんなに不安でも誰かと共有できたらいいよねー

将来の不安を…誰かと…共有できたら…&n…

相談支援センターおたい

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことが出来るよう、その利用者心身の状況及びその置かれている…

ステップワークスIWASAKI 

離職した者に対して「働きたい」という気持ちに寄り添いながら再就職を目指す ことを目的とする。さらに、…

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP