サスペンス・ホラー

怖い話『怖いおっちゃんおる!』

 

友人宅で起きた話。

夜、幼子を寝かしつけていました。

ようやく寝入ったと思っていたら、しばらくして目を覚まし、

 

「隣に怖いおっちゃんおる!」

 

と騒ぎます。

悪い夢でも見たのだろうと、

 

「早よ寝―や、その怖いおっちゃんこっちくるで」

 

と言って、寝かし付けました。

翌日になって、お隣に泥棒が入ったことを知りました。

その夜、お隣さんは親戚の家にお泊りに行って、家を空けていたそうです。

数年後、ふとそのことを思い出し、なぜ隣に泥棒が入ったことを知ったのか訊ねましたが、本人は全く覚えていなかったそうです。

 

 

文章:百百太郎

 

画像提供元 https://farm1.static.flickr.com/580/33264027802_3878f93308_c.jpg

関連記事

  1. 怖い話『もうひとりいたはず』
  2. 創作『天上からの密かな企み』
  3. 怖い話『届かないボタン』
  4. 怖い話『体育倉庫の子ら』
  5. 怖い話『ドラム缶』
  6. 怖い話『窓の外から笑うもの』
  7. 怖い話『眠る男』
  8. 怖い話『お前がいないと』

おすすめ記事

元気

ゆうあいファミリーあい

地域の在宅精神障がい者に対して、各利用者が自立した日常生活、社会生活を営めるように就労の機会を提供す…

山形県ワークショップ明星園

①利用者の意思及び人格を尊重し、常に利用者の立場にたってサービスを提供します。 ②できる限り居宅に近…

指定障害福祉サービス事業所 かざぐるま

一般就労を目指す方に対し、仕事をする上で必要なスキルやマナーなどを身につける訓練や、求職活動に対する…

就労定着支援事業所ひだまり

新着記事

PAGE TOP