コラム

ショートショート:『うさんくさい男』

 

インターホンが鳴った。

 

ドアホンの画面を見ると、伊勢丹の紙袋のようなチェック柄のスーツを着た男が立っていた。

見るからにうさんくさい。

 

「**荘をお持ちじゃないですかぁ」

と満面の笑みで話してくる。

**荘を所有しているのは親戚で、うちではない。何かしら情報を間違って得たのだろう。

売却を勧めに来た不動産屋かと思った。

 

「いや、うちじゃないですね」

親戚のことは伏せておいた。

 

その場は追い返したものの、その後なんどもそのセールスマンはやってきた。

 

「お墓のご準備はいかがですかぁ」「外壁の塗装がはがれてますね」などなど、

その時ごとに売るものが違う。いったい何なんだと訝った。

 

いろんな業者が外注した営業を一手に請け負う会社なのか。

そんなものがあるというのか。

 

その後ピタッと来なくなったと思ったら、その男がテレビで漫才をしていた。

伊勢丹の紙袋のようなスーツを着て。

 

 

文章:増何臍阿

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/5067641120/87fc7fd47b/

 

関連記事

  1. 孤独は孤毒である
  2. 前野隆司著『実践ポジティブ心理学』のまとめ【第一回】
  3. 短編小説:『ふしぎなおとしもの』
  4. 魔法少女という名の時限爆弾
  5. ほぼ日刊イトイ新聞『岩田さん 岩田聡さんはこんなことを話していた…
  6. 刺激と反応の間
  7. アントニオ・タブッキ著『インド夜想曲』白水Uブックス
  8. ノンフィクション作品の魅力

おすすめ記事

ほっとスペース八王子

羽の郷

事業所は、利用者が地域において共同して自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者…

ドリームきらり

株式会社ヨシダプロテクト(以下「事業者」という。)が運営する指定就労継続支援B型の事業は、利用者が自…

相談支援事業所名寄みどりの郷いんくる

1.利用者の意向を踏まえ、自立した日常生活、社会生活を実現するよう努める 2.利用者の心身の状況、そ…

松本障害者雇用支援センター 

利用者及び保護者の意思及び人格を尊重し利用者等の立場に立った適切な事業を提供します。利用者が自立した…

新着記事

PAGE TOP