レジャー

十両と幕下の入れ替えは誰になるのか(2022年5月場所の15日間の取組終了後)

 

 2022年5月場所の取組が終わりました。成績と照らし合わせながら、十両、幕下の入れ替え予想をしていきます。

 

 十両から落ちそうなのは4人

 

 松鳳山、千代嵐、大翔丸は大きく負け越しています。番付からしても、十両に残る確率は0といえそうです。

 

 貴健斗については、東14枚目で7勝8敗です。こちらも、幕下に落ちても不思議はありません。

 

 幕下から誰が十両にあがれるのか

 

 東の8枚目で、7勝0敗の王勝馬は1番手となります。来場所は十両で、相撲を取ることになります。

 

 東2枚目の北青鵬は、5勝2敗の好成績です。こちらも十両にあがることになるでしょう。

 

 西幕下筆頭の西川は、4勝3敗と勝ち越しました。西筆頭ということもあり、十両にあがる確率は高いでしょう。

 

 東の3枚目の千代栄は、5勝2敗となっています。成績からして、十両にあがると思われます。十両昇進となれば、31歳で初の関取となります。

 

 北の若、金峰山の入れ替えはなさそう

 

 北の若が勝利を収め、3勝7敗5分けとしました。東の5枚目なので、十両に残れる計算になります。幕下に落ちることはないでしょう。

 

 入れ替え戦とはいっても、十両の上位が幕下と対戦するのは異例です。今後はなかなか、見られる機会はないでしょう。

 

 入れ替えは何人になるのか

 

 番付編成会議は思わっていないものの、4人が十両に昇進すると思われます。貴健斗が番付運に恵まれれば、3人になる可能性は0ではありません。3人であった場合については、西川、千代栄のどちらかは幕下で相撲を取ることにあります。

 

 新十両は明後日に発表されます。そのときを楽しみに待ちましょう。

 

 

文章:陰と陽

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/29541962983/78b1aa1c5f/

 

関連動画

大相撲の十両と幕下の入れ替えは誰になるのか(2022年5月場所)

・十両と幕下の入れ替えは誰になるのか(2022年5月場所の15日間の取組終了後)

 

関連記事

  1. 大相撲の7月場所で白鵬が全勝優勝
  2. 西山朋佳女流三冠の奨励会退会が近づいている
  3. Pリーガー紹介④
  4. 斎藤佑樹投手が現役を引退
  5. 大谷翔平選手の身体能力の高さには驚かされる
  6. 史上最弱力士である勝南桜が100連敗を記録
  7. 選抜2021の明治神宮枠をどのように扱うのか
  8. 開幕6試合でサッカーのような点数しか取れない阪神打線

おすすめ記事

花うさぎ工房

花うさぎ工房を運営する母体である株式会社LTAとは、      I Live Together in…

KFJ多摩はなみずき

法人の基本理念・職員規範に基づき、利用者の権利擁護を念頭に信頼され選ばれる福祉サービスを提供する。地…

仕事に行きたくない時、どうやって自分を鼓舞している?

生きる為には、「仕事」をしてお給料を頂かないと生きていけません。何をするにもお金…

旭福祉センター

一般就労や就労継続支援A型等の雇用に結びつかなかった利用者に就労の場を提供するとともに、就労に必要な…

So−Ten靭

新着記事

PAGE TOP