コラム

生涯一度は読んでおきたいダイアー博士の世界的名著「自分のための人生」【感想】

はじめに

 

まず初めにこの本を知るきっかけをお伝えしたいと思います。

 

佐藤優氏が推薦されたアーノルド・ベネット氏の「『自分の時間』一日24時間でどう生きるか」という本が、十万部突破という謳い文句で本屋に平積みになっていたのを買って読んだ時に、

 

本の最後の広告に、「全世界で三千万部以上のセールスを記録した〈自己実現〉のバイブル」として、語り継がれる名著。と紹介されていたからです。

 

この本は、知的生き方文庫で出版されていたのですが、単行本としても出版されています。

 

表現に少し違いがありますが、とても読みやすく、一気に読めました。

 

内容

 

題名に「自分のための人生」とありますが、簡単に要約しますと徹底的に自分を大切にして生きるという内容です。

 

自分を大切に、今という時を生きる、今をより充実したものにする為のいろいろな考え方を述べられたものです。

 

最後に

 

二度通して読んだのですが、自分がその様に実践しているかと錯覚するような、気付きをした本でした。

 

また、自分の感情は自分で選べるという考えは、実に目に鱗でした。

 

徹底的に自分を大切にしたいと思われる方は、実に読みやすいので、是非ともご一読をお薦めいたします。

 

 

文章:シャーペン

 

関連記事

  1. 劇場版アニメ『鹿の王 ユナと約束の旅』の紹介
  2. 先人の知恵に学んでいきたい
  3. 【第五回】『市場性の高い環境に身を置く』
  4. 君は一人じゃない
  5. ショートショート『幸運をもたらす亡霊』
  6. 小説:『出会いはどこから転がり込むかわからない 下』
  7. 松本俊彦『薬物依存症』(ちくま新書):ケアを考えるシリーズ4作目…
  8. 前野隆司著『実践ポジティブ心理学』のまとめ【第一回】

おすすめ記事

磨 

1 この事業所が実施する事業は,利用者が自立した日常生活又は社会生活を営む事ができるよう,利用者に就…

ミューズラボ伊勢

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者に対して、2年間にわたり、生産…

レーヴ

障害者に対し就労又は生産活動の機会の提供その他の便宜を適切かつ効果的に行うものとする…

魚津市障害者生活支援センター 

障害者就労支援施設 さねん

利用者の心身の状況等に応じて、適切な支援を行うとともに、就労継続支援の提供が漫然かつ画一的なものとな…

新着記事

PAGE TOP