サスペンス・ホラー

怖い話『もうひとりいたはず』

 

友人の大学生の時の話。

友人宅で麻雀をやることになった。

その際、メンバーに友人の知らない人も連れて行くという話を聞いていた。

 

友人は学生アパートの前でみんなを出迎え、部屋へぞろぞろと向かう。

部屋に入り、それぞれが卓に腰を下ろす。

 

さっきアパート前で見たときと、一人足りないことに気づいた。

 

『あっそうか、ひとりトイレに入ってるんだな』と思った。

 

だが

 

「早く座れよ、始めようぜ」

 

と麻雀牌をジャラジャラ鳴らしながら仲間が言う。

 

「もうひとりいたろ?待たなくていいのかよ?」

 

「これで全員だぞ」

 

そんな会話をしていると、トイレからザーッと水が流れる音がした。

 

 

文章:百百太郎

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/3119430810/9895a923ce/

 

関連記事

  1. 怖い話『ガラス越しのポスター』
  2. 怖い話『電車内のいたずらっ子』
  3. 怖い話『相談事』
  4. 怖い話『何にぶつかったのかわからない』
  5. 怖い話『届かないボタン』
  6. 怖い話『預かったバイク』
  7. 怖い話『よなかのでんわ』
  8. 怖い話『物が無くなる部屋』

おすすめ記事

就労支援事業所しゃぼん玉工房

利用者が自立した日常生活や社会生活を営むことができるよう、通常の事業所に雇用されることが困難であって…

すてっぷべーす

一人ひとりの「働きたい」という想いを実現させ、自立と社会参加を積極的に応援します。…

大阪障害者就労支援センター

若葉作業所

通所による就労や生産活動の機会を提供するとともに、一般就労に必要な知識、能力が高まった者は、一般就労…

ひかりの家 

利用者が自立した日常、社会生活が営むことができるように手助けします。そのために、生産活動その他の活動…

新着記事

PAGE TOP