サスペンス・ホラー

怖い話『何かいた』

 

大学時代の友人の話。

 

地元が海の近くの友人は夏になると、仲間たちとよく海で泳いだそうだ。

しかし、少し離れたところに泳いではいけないとされていた小さな入江があった。

そこは、表面的には波が穏やかでも、海面の下のほうは流れが複雑で足元が救われ、引き込ずり込まれてしまうという。

だが、潮が引いた岩場へ、取り残された魚を獲りには、行っていた。

 

その時も、仲間の一人と泳ぎに飽きた頃に、魚がいないか見に行った。

 

岩場をあちこち見ていると、

 

「おーい」と声がした。

 

見ると、仲間がそこで立ち泳ぎしていた。

 

「気持ちいいぞー、お前も来いよー」

 

と言う。

 

『なんだ、意外と平気なんだな』

 

と、友人は、誘われるままそちらへ行こうとした。

すると、

 

「何かいた?」

 

と背後で声。

それは泳いでいるはずの仲間だった。

ハッとしてもう一度、海に目を向けた時には、そこに何もいなかったという。

 

文章:百百太郎

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/15136413178/211225e011/

 

関連記事

  1. 怖い話『よなかのでんわ』
  2. ホラー:『不可解な出来事2』
  3. 怖い話『今からこない?』
  4. 怖い話『ずぶ濡れの人』
  5. 怖い話『私に見える女性』
  6. 怖い話『自動』
  7. 怖い話『笑う警察官』
  8. 怖い話『二階の子供』

おすすめ記事

相談支援事業所 サハス

福井健策『改訂版 著作権とは何か – 文化と創造のゆくえ 』集英社新書

福井健策『改訂版 著作権とは何か – 文化と創造のゆくえ 』最初…

アイリス

関係法令を遵守し、利用者と雇用契約を締結し、障がい者に対し就労の機会の提供その他の便宜を適切かつ効果…

つばさの郷

就労を希望する利用者に対して就労の機会を提供するとともに、生産活動その他の活動の機会の提供を通じて、…

地域生活支援センター ごっちゃ 

地域定着支援の実施に当たっては、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用…

新着記事

PAGE TOP