サスペンス・ホラー

怖い話『廊下に続く足痕』

 

小学校の林間学校でのこと。

夜のレクリエーションで、ボランティアの大学生が怖い話をするって言うのがあった。

大広間にみんなを集めて、部屋を暗くして、スライド映写機で進行する趣向だ。

 

そのレクリエーションが終わり、みんなが「怖かったなー」などと言いながら、部屋を出ようと障子を開けると・・・。

廊下に濡れた足痕が点々と続いていた。

みんなはそれを見て、「でたー」っと、それぞれ声にならない悲鳴を上げた。

 

実は・・・。

わたしは後ろの方で、みんなが怖がる様子を見ながら、大学生の怖い話にも聞き入っている時に、隣の女子がふと席を立ったことを知っていた。

その足痕は、その女子がお漏らしした痕ということは、疑いようがなかった。

それを知っているわたしは一人、みなが怖がる様子を見てほくそ笑んでいた。

 

文章:百百太郎

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/44011003114/a297e033a1/

 

関連記事

  1. 怖い話『お迎えにあがりました』
  2. 怖い話『あしあと』
  3. 怖い話『入れ違いの女の子』
  4. 怖い話『停電』
  5. ホラー:「光の消えたお化け屋敷」
  6. 怖い話『案山子』
  7. 怖い話『ウォータースライダー』
  8. 怖い話『届かないボタン』

おすすめ記事

LITALICOワークス五反田

人は働くことを通じて、誰かに必要とされることで心が元気になり、もっと良い人生を送りたいという意欲が生…

ゆいまーる

夢活動センター行橋

ワークセンターうめの木 

・利用者が自立した日常生活及び社会生活を営むことができるよう、意思・人格を尊重し、心身の状況及び置か…

障害者支援センターじゃすと

事業の実施に当たっては、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者との常…

新着記事

PAGE TOP