時事問題

【海外ニュースウォッチ】ゼロ金利の終わり【第八回】

 

海外のニュースから、筆者が気になったものをピックアップしてわかりやすくお届けするシリーズです。

第八回は、「ゼロ金利の終わり」と題して、終わりを迎えるゼロ金利政策について見ていきます。

 

 

米連邦準備制度理事会(FRB)は、3月16日、二年ぶりに事実上のゼロ金利政策を解除しました。

それだけでなく、今年から来年にかけて利上げを実施していく意向を示しました。

ヨーロッパ中央銀行(ECB)も今月、年内に利上げを行うための布石を打ちました。

 

コロナ以降、サプライチェーン(供給網)の目詰まりによりモノの価格が高騰し、インフレ見通しが悪化していた世界。

それが解消し年内にインフレが低下するとの予想は、ロシアのウクライナ侵攻により、もろくも崩れ去りました。

 

ヨーロッパでの戦争、西側によるロシアへの経済制裁によりサプライチェーンの混乱に一層拍車がかかり、さまざまな製品の原料となる資源の価格高騰が深刻なものになりかねません。

 

現在の地政学的なリスクによるインフレは、70年代のオイルショックのときのような悪夢を想起させるものです。

 

そのため、景気後退のリスクがあっても、なんとかインフレを抑え込むために各国の中央銀行は利上げを追加的に実施する予定です。

 

例えばアメリカであれば、一般消費者にとって大きい事象は住宅ローンまわりであり、コロナ以降の住宅熱がどういった方向へと向かうか、大きな混乱が起きることが予想されます。

 

 

米国の著名な投資家であるウォーレン・バフェットは、金利を重力にたとえたことがありました。

 

ゼロ金利の終わりは、正常な世界へと戻ることを意味しますが、火星や月に住むことに慣れた人間が地球に帰還するようなもので、どのようなショックを引き起こすのか不透明な部分が大変大きいと言えるでしょう。

 

文章:増何臍阿

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/31895639430/357f4fcfa7/

 

関連記事

 

関連記事

  1. 受診しなくとも薬を処方される措置が一時的に講じられている
  2. 「ノーベル賞」と「ダイナマイト」の関係
  3. 3度目の緊急事態宣言の効果はあるのか
  4. 棋士と学業の両立は難しいのか
  5. SNS上のデマに騙されてはいけない
  6. 大坂なおみ選手が記者会見を拒否
  7. コロナ自粛は別の意味の危険性を伴う
  8. 消費税10%の時代がやってきた

おすすめ記事

相談支援事業所 ピアサポートいしびき

利用者の意思及び人格を尊重し、常に利用者の立場に立ちながら、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営…

就労支援事業所みらい望

障害者総合支援法等関係法令の理念にのっとり、利用者がその有する能力及び適性に応じ、自立した日常生活又…

ワークショップ風

事業の目的:障害者自立支援法の理念に基づき適切な運営を図る 運営方針:関係法令を遵守し、他の社会資源…

白銀坂事業所

指定就労継続支援A型の提供にあたっては、事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことがで…

日陽

事業所は、利用者等がその有する能力及び適正に応じ、自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう…

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP