レジャー

十両、幕下の入れ替えは誰になるのか(2022年3月場所)

 

 2022年3月場所は、12日目まで終了しました。これまでの成績を踏まえながら、十両と幕下の入れ替えを予想していきます。

 

 十両から落ちるのは2人以上

 

 11日目終了時点で、2枠は空きそうな情勢となっています。今後の成績によっては、さらに枠が空く可能性は残されています。(十両の下位が負け続ければ、倍以上の枠が空くこともありえる)

 

 幕下から十両にあがりそうなのは誰なのか

 

 東幕下筆頭で勝ち越した千代嵐は確定です。五月場所で十両に返り咲くこととなります。

 

 千代の海は東6枚目で、6戦全勝となっています。千秋楽に勝利すれば、十両復帰が確定的となります。敗北した場合は、十両にあがることはないでしょう。(十両昇進は5枚目以内が優先されるため)

 

 三番手候補にあがるのは、西幕下筆頭で勝ち越している栃丸です。千代の海が負けた場合、十両昇進の確率がぐっと上がります。千代の海が勝利しても、十両にあがれる可能性は残っています。

 

 西五枚目の北西鵬は、5勝1敗の好成績です。十両力士の成績によっては、再十両の可能性があります。

 

 状況次第ではあるものの、東三枚目の西川も十両に昇進する可能性を残しています。七番相撲に勝利すれば、関取になれるかもしれません。

 

 最近の傾向からすると、他の幕下力士については、十両昇進の可能性は低いでしょう。来場所に十両昇進をかけることになります。

 

最後に

 

3月場所は残り3日となりました。悔いのない相撲を取ってほしいと思います。 

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f7/photo/6313473735/36e465387f/

関連記事

  1. 「ビーチコーミング」をしてみよう
  2. 【サッカー】日本代表、ワールドカップ出場決定!!
  3. ナイキの厚底シューズ(ヴェイバーフライ)が使用禁止になりそうだ
  4. 【夏の甲子園】大阪勢が夏2連覇!
  5. 大谷翔平選手が29号・30号ホームランを連発
  6. 十両以上では負け越しても、番付が降下しないこともある
  7. 横綱の白鵬が3日目から休場(2021年3月場所)
  8. ヤクルトの選手は、次々とプロ野球記録を塗り替える

おすすめ記事

オープンスペース又蔵さんち

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供するととも…

相談支援センター木もれ陽

障がい者又は障がい者の介護を行う者からの相談に応じ、情報の提供及び助言、権利擁護のための援助を行うこ…

就労継続支援「A型」事業所「響」

利用者の立場に立った、適切かつ円滑な指定就労継続支援A型の提供を確保することを目的としています。 利…

すてっぷ

関係法令を遵守し、利用者との相談を通じて生活面の課題を把握するとともに、企業、障害福祉サービス事業者…

UMS

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者様に対して、就労の機会を…

新着記事

PAGE TOP