サスペンス・ホラー

怖い話『ずぶ濡れの人』

 

残業を終えたわたしたちは、帰宅を急いでいた。

今日は夜から天気が崩れるという予報で、みな雨が降らないうちに帰りたい一心だった。

 

階段の踊り場まで来ると、夜勤出社らしき人がそこに立っていた。

その人はカッパを着てずぶ濡れだった。

 

それを見たわたしたち残業組は、

 

「もう降っているのか」

 

と、おのおのロッカー室に引き返し、置き傘を取りに戻った。

わたしがロッカー室を出ると、先に傘を持って出て行った人がすごすごと戻ってくる。

 

「どうしたんですか?」

 

「雨降ってないよ。降った形跡もない」

 

「じゃあ、さっきの人は?」

 

ずぶ濡れの人が立っていた辺りを見ても、そこは濡れてもいなかった。

 

文章:百百太郎

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f6/photo/54330413/5905b20601/

関連記事

  1. 怖い話『水浸しの郵便受け』
  2. 怖い話『入れ違いの女の子』
  3. ショートショート『子供の恐怖』
  4. 怖い話『手が届かない』
  5. 怖い話『自動』
  6. 怖い話『おまえだけ』
  7. 創作『天上からの密かな企み』
  8. 怖い話『古い写真』

おすすめ記事

ななくさ就労定着支援事業所

利用者の意思を尊重し利用者の立場に立って以下の方針の基に支援する。 〇利用者が健康で安全な生活を目指…

山晃央園ひばり乃ショップ

山晃央園ひばり乃ショップは、主たる事業所の山晃央園作業所とともに、心身に障がいがあって主に就労するこ…

なごみ

笑心 西中央

運営規定及び重要事項とサービス利用に関わる必要な事柄を説明し、双方合意の上利用契約を締結する。利用者…

就労継続支援事業所(A型)矢田野ファクトリー

地域や家族との結びつきを重視した運営を行い、利用者の意志及び人格を尊重し、常に利用者の立場にたって就…

新着記事

PAGE TOP