コラム

小説:『純喫茶(2)』

 

前回まで

小説:『純喫茶』

 

前回からの続き

男は地道に働き、実直に生き、年を重ねた。

 

重い病にかかったことがあった。男は彼を慕う部下たちが見舞いに来てくれたことをとても喜んだ。

 

長い介護の末に母を見送り、自身はこれまでに貯めたお金で高齢者施設に入ることを決めていた。

 

定年退職の日を迎えた。

 

あの高層ビルが再利用され商業施設がリニューアルオープンすることを、男は新聞か何かで知った。

 

男の勤め上げた会社のかつての取引先の経営者がその開業に大きく関与していた。

その経営者は交通事故を起こして死んだ。

多数の死傷者を出した。

新しくできる商業施設ではその男の追悼行事があるという。

 

なぜかしら、ふと純喫茶のことを思い出した。

 

メトロに乗って、あの界隈に来た。

地上にでると、強い日差しが照りつける。

のしかかるような暑さとけたたましい蝉の鳴き声に軽いめまいを覚えた。

 

 

 

 

あの店はもうあるはずもないと思い乍ら男は歩いた。と同時にひょっとしたらという期待も淡くこころに浮かんでいた。

 

公園から小さな子供たちの遊ぶ可愛らしい騒ぎ声が、お母さんたちの談笑が聴こえてきた。

 

あの角を曲がって、高架下を行って、、、、、。

 

 

 

あの純喫茶はあった。驚きでいっぱいだった。

 

若い女性店員がおしぼりと水を持ってきてくれた。

男はブルマンを注文した。美味い。

 

店をでると一降り来そうな空模様だった。

どうしたものかと思案していたら、女性店員が出てきて、

「他のお客さんが置き忘れていった傘がたくさんあるので持っていってください」

と言った。

 

丁重に断ろうとしたが、その女性に押し負けて、もらうことにした。

うれしさでいっぱいになった。

 

 

つづく

 

文章:増何臍阿

 

画像提供元:https://foter.com/f6/photo/17185247172/9d03739528/

関連記事

  1. ダン・ショート、ベティ・アリス・エリクソン、ロキサンナ・エリクソ…
  2. 伊藤周平『社会保障入門』(ちくま新書):ケアを考えるシリーズ3作…
  3. 小説:『友達のいない男は、クラスメイトの男性恐怖症克服に協力させ…
  4. ショートショート『大きな世界に飛び込むのを応援する彼女』
  5. 小説:『借金を完済した直後にあの世に旅立った女性は異世界に転生(…
  6. 『スライムを倒して300年、知らない間にレベルMaxになってまし…
  7. 胸に刻みたい言葉1
  8. ショートショート『ある野球女子の栄光と挫折』

おすすめ記事

福祉バンクグッドウィルセンター

就労継続支援B型の適正な運営を確保するために必要な人員及び運営管理に関する事項を定め、就労継続支援B…

コンチェルト

自立した日常生活及び社会生活を営むことができるよう、雇用して就労の機会を提供するとともに、必要な訓練…

作業所 えがお 

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営む事ができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動その…

障害者支援センターゆうゆう

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動そ…

まんなり 五位堂店

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して、就労の機会を提供するとと…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP