福祉・医療

カード式の障碍者手帳もある

 

 障碍者手帳は紙タイプを基本としているものの、長年の使用で顔写真がぼけてしまう、破れてしまうといった欠点がありました。そうならないよう、カード式における障碍者手帳も発行されています。今回はカード式の障碍者手帳について書いていきます。

 

 カード式の障碍者手帳が導入された時期

 カード式の障碍者手帳は2019年から可能となりました。サイズは免許証などと同じとなっています。コンパクトが特徴となります。

 

 段階的に取り入れるところが増えている

 東京都などではカード式の障碍者手帳を取り入れています。これらの地域においては、カード式の障碍者手帳を持つことが可能です。

 

 全国的に取り入れられているわけではなく、紙による障碍者手帳しか持てない地域もあります。カード式を検討したい場合は、確認を取るようにしましょう。

 

 カードと紙を両方持つことはできない

 どちらか一方しか持つことはできません。自分の好みに合ったものを選びましょう。現時点ではカード式でなくてはいけないというルールはないので、紙がいい人はそちらを継続して使いましょう。

 

 カードにはメリット、デメリットがある

 カードのメリットは写真がぼけにくいことです。紙だと長年にわたって使用すると、輪郭がぼけてしまいます。

 

 デメリットはなくしやすいこと、手帳に書かれている内容が少なくなることです。再発行や余計な手間が生じることになります。

 

 まとめ

障碍者手帳はカード、紙のどちらから選べる時代がやってきます。自分の好きなタイプを選択しましょう。

 

詳細を知りたい方はホームページを貼っておくので、自分で調べるのをおすすめします。

 

https://www.mhlw.go.jp/content/12601000/000481902.pdf

©障碍者手帳のカード化について

 

文章:陰と陽

画像提供元 https://foter.com/f6/photo/4304097266/85056a7cfc/

関連記事

  1. 障碍者が一般会社で働く難しさ1
  2. リーゼ(精神安定剤)の効果
  3. ハローワークにサポーター(障碍者向け)が配置された
  4. 企業は障害者雇用を本当はしたくない
  5. 自分の生き方を貫けるのは才能のある障碍者だけ
  6. 障碍者の恋愛事情
  7. A型作業所は手帳を取得していなくとも利用できる
  8. 支援機関への登録は慎重にすべき

おすすめ記事

ますとびぃー

1利用者がその有する能力及び適性に応じ、自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用…

B’sWork輪島 

地域で一人ひとりの自己実現に向けた支援を行う…

はんだか就労支援事業所

清流園 

1 自由な暮らしの実現に努めます 2 自主的で協働した生活の実現に努めます 3 自律し、連帯した市民…

おおぞら館

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP