コラム

小説:『借金を完済した直後にあの世に旅立った女性は異世界に転生(6)』

前回まで

・『借金を完済した直後にあの世に旅立った女性は異世界に転生(1)

・『借金を完済した直後にあの世に旅立った女性は異世界に転生(2)

・『借金を完済した直後にあの世に旅立った女性は異世界に転生(3)

・『借金を完済した直後にあの世に旅立った女性は異世界に転生(4)

・『借金を完済した直後にあの世に旅立った女性は異世界に転生(5)

 

前回からの続き

 

 アヤカは三日間、家でのんびりとしていた。一日二一時間働いていた頃が、幻のように感じられた。

 

 二日目からの食事はあまり食べられなかった。空腹になるのは、洞窟に潜ったあとだけのようだ。

 

 米についてもとてもよかった。ケーキを感じさせるような甘味は、米を食べているとは思えなかった。

 

 米以外の食料が底をついたので、スーパーに買い出しに行こうと思った。今回は肉ではなく、魚を中心に購入しようかな。

 

「アヤカです。三日前にここに引っ越してきました」

 

「ミサトです。よろしくお願いします」

 

 ミサトと名乗った女性は二〇歳前後といったところか。若いからか、肌にみずみずしさを感じた。

 

 理想的な肌の色をしている。アヤカのように淀んだところは全くなかった。

 

 ミサトはどういうわけか一歩だけ後ろに下がった。警戒されているのかなと思ってしまった。初対面の人に怖がられるのは心外だな。

 

「体内からすごいエネルギーを感じます。レベルは85~95といったところでしょうか」

 

 レベルをどのようにして測定したのか。鑑定士の力を持っているのかな。

 

「アヤカさんなら、洞窟のラスボスを倒せるかもしれませんね」

 

 洞窟のラスボスを倒さなくとも、十分に生活できる。最低限の生活さえ確保できれば、それ以上を望むことはない。 

 

「洞窟のラスボスは強いんですか」

 

「普通の人は倒せません。レベル50で挑んだ人もいますけど、帰ってくることはありませんでした。過去に5人くらい挑戦したけど、全滅だったようです。永遠に帰らぬ人となりました」

 

100万ゴールドを入手できるというボスは、一筋縄ではいかないのか。大金が簡単にもらえるのなら、誰も労働などしない。

 

 米が20キロで1ゴールドの世界である。100万ゴールドを入手しても使い道がない。貧しい人に寄付をするしか有効活用は見いだせない。

 

「アヤカさん、私の妹の命を助けてください。手術するためには、50万ゴールドが必要なんです」

 

 医療費は高い世界なのか。命に優しいと思っていたけど、ある意味ではシビアといえる。病人は死ねといっているに等しい。

 

「こんなことをお願いできるのは、アヤカさんだけです。他の方にはお願いできません」

 

 他人の命を助けることよりも、ラスボスはどれくらいなのかが気になる。アヤカは話にのることにした。

 

「わかりました。100階のボスを倒してみましょう」

 

 レベル90もあるし、無限復活、異常防止のスキルを所持している。失敗したからといって、死ぬことはない。

 

「ありがとうございます」

 

 アヤカは冒険に旅立つ前に、ミサトに条件をつけた。

 

「一つだけ条件があります。妹の様態を見せていただけなければ、お金はお支払いできません」

 

「私は信用されていないみたいですね」

 

「見ず知らずの人を信用できるほど、お人好しではありません」

 

 現実世界でどれだけの人に騙されてきたか。一時期は人間不信で、誰の意見にも耳を貸さない人になっていた。

 

「私はこういうものです」

 

 名刺のようなものを渡され、「緑の村 王女」となっていた。

 

この国で一番偉い人であることは分かると、アヤカは条件反射的に土下座をしていた。

 

「数々の非礼、無礼、大変申し訳ございませんでした。どうか命だけはお助けください」

 

 緑の村にやってきて、1週間足らずで処刑されるのは勘弁願いたい。現実では早くあの世に旅立ったので、こちらの世界では30年は生きたい。

 

「顔をあげてください。王女という身分だけで、ごくごく普通の人ですよ」

 

 普通の人とかいっておいて、テレポートとかの超能力を使用するかもしれない。普通という人ほど、普通ではないというのはよくあるパターンだ。

 

「アヤカさん、妹の命を助けてください。緑の村で魔王に勝てる人間は、あなただけです」

 

 人間? この村には人間以外の種別も住んでいるのかな。人間だけが住んでいるように見えて、実は多民族国家なのかもしれない。

 

 そんなことよりも、ミサトの妹の命を助ける方が先だ。アヤカは洞窟に向かって、歩を進めることにした。

 

 アヤカはボスを倒すことができるのでしょうか。

 

文章:陰と陽

画像提供元 https://foter.com/f6/photo/44682896670/0a245c630d/

 

 

関連記事

  1. 山本甲士『ひなたストア』小学館文庫
  2. 人生
  3. 広い世界観でものごとを考えるようにしたい
  4. 映画『ブレードランナー』をご紹介
  5. 事実関係
  6. 映画『メイド・イン・ヘブン』をご紹介
  7. 前野隆司著『実践ポジティブ心理学』のまとめ【第四回】
  8. 「手に馴染むキーボード・マウスは?」
PAGE TOP