サスペンス・ホラー

怖い話『増えた死体』

 

ある昼下がり。

とある小さな町の駐在所に、一人の男が飛び込んできた。

隣に住む親戚の家の様子がおかしいという。

警官は男に連れられて、そのお宅に向かった。

 

玄関に鍵はかけておらず、呼びかけても誰も出てこない。

昼間だというのに雨戸が閉められたままで、室内は真っ暗だ。

家族全員で出かけたにしても、その場合はいつも男に声を掛けていくのだという。

 

部屋に入ってみるが誰もいない。

光を入れようと雨戸をあけて、ギョッとなった。

父、母、長男、長女・・・。

庭先で家族全員が首を吊って死んでいたのだ。

 

警官はすぐに応援を呼んだ。

パトカーを出迎え、応援の警官を案内して、庭先に戻った時にさらにギョッとなった。

首吊り死体がひとつ増えていた。

それは親戚の男だった。

警官がパトカーを出迎えに行っている間に、その男も悲観して首を吊ってしまったと思われた。

しかし、不思議なことに他の家族同様その男の遺体も、死後1日は経過していると思われるほど硬直が進んでいたという。

 

文章:百百太郎

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f5/photo/5280411691/2c92e72b0c/

 

関連記事

  1. 怖い話『仮眠室での出来事』
  2. 怖い話『笑う警察官』
  3. 怖い話『茂みの中から』
  4. 怖い話『ニュース番組』
  5. 怖い話『死体現場ごっこ』
  6. 怖い話『何かいた』
  7. 怖い話『お出かけかい?』
  8. 怖い話『バタバタバタ』
PAGE TOP