サスペンス・ホラー

怖い話『見ていたのは同じ人?』

 

たった一駅なのですが、通学で電車を利用していました。

毎朝、通勤通学ラッシュでいつも満員、ドアに挟まれないように乗り込むのがやっとです。

 

ある時、ぎゅうぎゅう詰めの車内から何気に外の風景を見ていると、線路横の道路を自転車で移動しているサラリーマン風の男がいました。

その人はわたしと目が合うと、電車と競争するかのように必死で自転車をこいで追いかけてきました。

当然追いつけるわけがなく、やがてその人は見えなくなっていきました。

 

  • なにいまの? -

 

わたしは駅に降り立つと、人波の前方に同じクラスの友人が歩いているのを見つけました。

友人に追いつき、

 

「さっき自転車に乗った変な人いたよ」

 

と言うと友人も

 

「ああ、俺も見た」

 

わたしたちはしばらくその事で、笑い合いながら歩いていました。

 

「ちょっと待って・・・」

 

友人は突然立ち止まり、しばらく考えてから言いました。

 

「俺は左側の窓にいたのに、なんで右側の窓にいたお前も同じ人を見てるんだ?」

 

文章:百百太郎

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f5/photo/14721967969/773da0500e/

関連記事

  1. 創作『天上からの密かな企み』
  2. 怖い話『駆け込んできたもの』
  3. 怖い話『丸められた紙』
  4. 怖い話『もう少し先へ』
  5. 怖い話『持っていくな』
  6. 怖い話『かまくら』
  7. 怖い話『自動』
  8. 怖い話『床に寝そべる子供』

おすすめ記事

障がい者就労支援センター 愛・あいネット

利用者の意思及び人格を尊重して常に当該利用者の立場に立った適切な指定障害福祉サービス等の提供を確保す…

そら

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供…

ワークステーション 「わくわく」

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに生産活動その…

雪ん子セルフサポート

障がいのある方の“元気”や“やる気”をもっとたくさんの方に知っていただきたい!障がいのある方と皆さん…

やまだ共生作業所

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、通常の事業所に雇用されることが困難であっ…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP