福祉・医療

A型作業所、B型作業所、就労移行支援にすぐに通所できるようにしてほしい

 

A型作業所、B型作業所、就労移行支援事業を利用するためには、受給者証が必要となります。

 

 受給者証はなかなか発行されない

 申請する時期によるものの、受給者証を発行するまでに一カ月くらいかかることもあります(時期によってはさらに遅れる)。申請する人数は多いのはわかるけど、もっと早くしてもよいのではないかと思います。

 

 一カ月もかかるようでは、当人の不利益になってしまいます。A型作業所、B型作業所、就労移行支援事業所に通うと決まった時点から、通所できるようなシステム作りをしてほしいと思います。

 

 A型作業所では給料が発生します。システムによって不利益を被るようなことがないようにしてもらいたいです(雇用保険の金額の方が高い場合は遅くてもいいかもしれない)。B型作業所、就労移行にしてもすぐに通所できるようにすることで、ブランクは短くなります。

 

 受給者証をすぐに発行できないのであれば、仮の受給者証を作ってみてはいかがでしょうか(仮で通えるような制度作りも必要)。そうすることによって、当事者のメリットにつながると思われます。

 

 当事者としての願い

 受給者証を発行するまでに時間がかかりすぎている印象を持ちます。当事者のことを考えるのであれば、制度を変更してほしいと思います。

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/photo5/dates-notes-notepad-planning-date-note-leave/

 

関連記事

  1. エジソンの言葉を障碍者支援に当てはめる
  2. 障碍を打ち明ける難しさ
  3. 障碍者が仕事をする際に気をつけたい7つのポイント
  4. ハンデを抱えたことを嘆かないように(ピアノ)
  5. 就労移行を利用してから、どれくらいで就職できるのかを表示している…
  6. 健常者と障碍者はlose-loseの関係になりやすい
  7. 政府が補助金を全額カットした場合、A型の65パーセントは倒産する…
  8. 健常者は障碍者にベターを目指せといいながら、やっていることは全く…

おすすめ記事

リーフスジョブセンター(みやしろ)

就労継続支援センター桜・さくら

・事業推進を行い、利用者の障害特性を見極めた上での効率化・構造化を図る。      ・収益性の向上に…

ワークロード巽東

やよい

ひとりでも多くの障害のある方々と触れあい、ひとりでも多くの利用者さまが、ひとつでも出来ることを増やし…

障碍者施設は利用者の理不尽に耐えるのが仕事

 障碍者施設においては、一部の支援者の質が著しく低いように感じられる。利用者と同化し…

新着記事

PAGE TOP