レジャー

西山朋佳女流三冠が竜王戦6組のベスト8に進出

 

 西山朋佳女流三冠が、竜王戦6組の3回戦で勝利をおさめ、ベスト8にコマを進めました。

 

 相手玉が入玉寸前からの逆転勝ち

 相手に入玉される寸前までいったものの、正確な差し回しで逆転勝ちを収めることに成功しました。

 

 竜王戦の6組で優勝することで、フリークラスのプロになれる

 竜王戦6組で優勝すると、次点が一つつきます。西山朋佳女流三冠(奨励会三段)は、三段リーグで次点を一つ獲得しています。次点二つでフリークラスのプロになれるという規定があることから、6組で優勝することでプロデビューする権利を得ます(行使するかは本人次第)。

 

 次の相手は小山アマ

 ベスト8の相手は、小山アマとなっています。今期でプロを次々と撃破していることから、勢いに乗っているといってもよいのではないでしょうか。

 

 小山アマは竜王戦の6組で優勝すれば、プロ編入試験の資格を得ます。男性は女性よりも編入試験の門戸が狭いため、千載一遇のチャンスを逃したくないと考えているでしょう。西山女流三冠にとっては、プロよりも厳しい戦いになるかもしれません。

 

 昨年はベスト4で涙をのんだ

 昨年は準決勝で敗退し、女性初の5組昇級はなりませんでした。今年こそは、5組に昇格したいという気持ちで臨んでいると思われます。

 

 まとめ

 快進撃を続けていけば、フリークラスのプロ編入と女性初の5組昇格が現実となります。一戦必勝の気持ちで、竜王戦を戦ってほしいと思います。

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/f5/photo/2970840291/0ae726bdac/

 

関連記事

西山朋佳女流三冠の奨励会退会が近づいている

西山朋佳奨励会三段の第68期の四段昇格が消滅

関連記事

  1. 将棋棋士の橋本八段が現役引退
  2. 十両は厳しい場所になりそうだ
  3. 女流棋士会を応援しよう
  4. Pリーガー紹介④
  5. 竜王戦のみに出場する二人の棋士
  6. 西山朋佳奨励会三段の第68期の四段昇格が消滅
  7. 甲子園へ向けてのリスタート
  8. コロナウイルスで選抜中止

おすすめ記事

まなびの郷 平野西

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者を雇用して就労の機会…

ほのぼのHaKaTa

ほのぼのHaKaTaは、 H7年3月に「博多共同作業所」として、 福岡市博多区に最初にできた 精神障…

恵和社会復帰センター

LITALICOワークス尼崎

人は働くことを通じて、誰かに必要とされることで心が元気になり、もっと良い人生を送りたいという意欲が生…

夢つむぎ相談支援センター

利用者の意思及び人格を尊重し、常に利用者の立場に立ちながら、利用者が自立した日常生活または社会生活を…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP