時事問題

女子高生の運転した車に男性が引かれて死亡

 

 18歳の女子高生が運転した車に男性がひかれました。男性は病院に運ばれたものの、死亡が確認されました。

 

 高校生で運転をしたことへの是非

 事故を起こしたのは運転免許証を所持できる、18歳以上となっています。事故責任の元、運転をするのはいいかなと思います。これに関しては、社会的には問題ありません。

 

 夜に運転したことについて 

 運転になれるまでにかなりの時間がかかります。車になれるまでは昼間の運転だけにしておいた方がよかったのではないでしょうか。夜間は視野が狭くなるため、事故の確率はあがります。

 

 遺族への補償

 相手方を死亡させたので、損害賠償を払わなくてはなりません。女子高生には無理なので、家族が負担することになりそうです。

 

 家族がよほどのお金を持っていない限り、自己破産という選択しかありません。たった一度の事故によって、すべての物を失うことになりました。

 

 高校卒業はどうなるのか

 重大事故を起こしたので、高校卒業は取り消されると思われます。女子高生は中卒として、社会に出なくてはなりません。事故で人を死なせてしまったうえ、学歴もないのであれば、前途多難な人生を送ることになります。

 

 まとめ

 車の運転に慣れている人であっても、夜の運転は怖いものです。慣れるまでは昼間の運転だけにとどめておいた方が無難でしょう。

 

 高校生にして人生を失うのはもったいないです。このような事故が起こらないのを切に祈ります。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/233bf711c999ee00a0e740c9482d735f1dba09b9

©高校生の車にはねられ男性死亡 広島県福山市(中国新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. クレーマーが増えている(JAの早食い競争)
  2. 今年はオープンできないスキー場が増えそうだ
  3. 覚せい剤逮捕に見る人間の依存性
  4. 自転車事故には気をつけよう
  5. 海外の一部ではマスクを着用しないと罰金を取られる
  6. 女子の高校野球が甲子園で開催されるかもしれない
  7. 熱戦が続いている、ラグビーとバレーボール
  8. うがい薬が市場から消えた

おすすめ記事

松風園

  就労後、1カ月以内に1度以上、その後必要に応じて訪問し、定着支援を行います。…

多機能型事業所あさひ

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対し、就労の機会を提供するととも…

やすらぎ

1.利用者がその有する能力及び適性に応じ、健康で明るく、生き甲斐並びに潤いのある生活ができるよう、各…

社会就労センター きたざと

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動そ…

就労継続支援(A型)事業所 ピース 五日町

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP